FC2ブログ
blog top Category Archive All title Search RSS Admin
プロフィール

えふ

Author:えふ


○生まれも育ちもまるまる九州。だけどカープファン歴12年。

○福岡県民でありながら、大の鷹アンチですので悪しからず。

○カープの選手は全員好きですが、特に今は大竹、横山、マエケンを応援しています。ストレートに力のある右の本格派が好きです。緒方と前田は別格。

○当blogのモットーは「喜べる時には喜んでおけ」。基本的に選手を見守るblogでありたいと思っております。

○基本、面倒臭がりな性格である上に、出張等多い仕事のため、更新頻度にムラのあるblogです。

○宣伝目的および誹謗中傷を含むと管理人が判断したコメント・TBは削除させていただきます。特に選手・スタッフ・球団の蔑称が入ったものは荒らしとみなし、特に悪質なものはNG設定させていただく場合がございます。ご了承下さい。

○試合のない日やネタがない時は、飯ネタ(主に辛い物)が入ることがございます。

○リンクは基本的に自由ですが、リンクの際には一言コメントいただけると管理人として嬉しく思います。

※JUGEM時代の旧blogはこちら

ブログパーツ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

C a t e g o r y A r e a
現在表示しているカテゴリ = 【観戦記(その他球場)】
カテゴリ一覧
広島東洋カープ (194) |観戦記(広島市民球場) (32) |観戦記(ヤフードーム) (14) |観戦記(その他球場) (7) |野球全般 (11) |福岡の話題 (4) |雑談 (21) |
2軍でも「5点差」は鬼門なのか!?~5/2 ソフトバンクvs広島 雁ノ巣球場 観戦記~ [20090503]
前田智、右足に張りで2軍戦出場延期

はい、残念ながら前田を間近で見ることはできませんでした。今日の雁ノ巣は、3塁側の方が多いような気もしましたが、前田を期待して来た方もきっと多かったと思うんですよね。前田ユニ着用の方も数名いらっしゃいましたし。仕方ないです。交流戦のヤフドで見れたらいいな。

前田を見ることはできませんでしたが、初めて生で見た岩本にときめきました。第1打席、いきなり3ラン。美しいライナー性の当たりでした。マツダスタジアムはホームランが非常に出にくいですが、ライナー性の打球の方が入るようです(今日のマクレーンみたいな圧倒的なパワーがあれば別ですが)。そういえばマツダスタジアムのフェンスは岩本仕様でしたよね。あんな当たりがあのスタジアムで突き刺さる日を想像して、にんまりしてしまいました。第4打席でセンター前ヒット、第5打席で詰まりながらもレフト前ヒット、と打ち分けて猛打賞。

岩本と松山、フォームも体型も同じような感じかと思っていましたが、実際に連続して見てみると、松山の方がかなりぼってりして見えました。身長の違いのせいでしょうか。1度でいいから見てみたい、3番松山4番岩本5番嶋の左打ちぼってりクリーンアップ。

そんな岩本の3ランと、佳紀の2ランで1回表にいきなり5点を先制しました。相手の先発投手は、昨年のドラフト1位・巽。時折素晴らしい球でストライクは取れるのですが、基本的にはっきりとわかるボール球の多いノーコン。三振は取れるが四球も多く、球数が多くなりがちですぐに100球に到達する、という近年のホークスの先発にありがちなパターンを彼も持っています。6回で114球ですもん。

ただ、幸先よく5点取ったものの、そのまま”スミ5”で終わってしまったのは残念でした。チャンスはあったんですけれどね。2回のランナー1・2塁のチャンスでは岩本打てなかったし、7回は松山がゲッツーを打ち、8回は満塁で小窪がファウルフライ。

でも、スミ5でも逃げ切れたと思うんですけれどね・・・。珍しく?采配批判させてもらいますけれど、8回のマウンドに宮崎が上がった時、疑問を抱きました。7回まで2失点。すごくよくもないけれど、とりあえず悪くはない内容で、だけど球数は108球。そして宮崎は先頭のアギーラにボール先行で四球を出し、次の小斉に2球目をライトスタンドに持っていかれました。せめて、四球の時点で限界を察知して交代してほしかった。というか、宮崎に何球になっても完投させるつもりだったのでしょうか?

本日の若鯉は、何とノーエラーでした。これまで見た試合の中で、ノーエラーってあったっけ?というくらい、毎度毎度エラーかましてますから。1イニング2エラーとかも普通でしたし。小窪とか、1年前よりやっぱ相当上手くなったなあ、と実感しました。あと外野では、途中出場の鞘師が強肩を発揮してホームで刺しました。

ただ、ただ末永だけは・・・。エラーはしていませんが、レフトフライに一旦下がって慌てて前進してスレスレでキャッチ、と相変わらず。東出曰く「守備は絶対にうまくなる」とのことですが、末永はいつになったら上達しますか?

それと、自分が雁ノ巣に行くたびに気になっていた、「若鷹はよく声が出ているのに、何で若鯉は声出さんとや」問題についてですが、今日は全体的に比較的よく出ていましたね。松山が、宮崎がストライク取る度に「宮さんナイスボール!」と言っていたのがよく響いていました。途中出場の申も声大きかったですよ。

最近体調があまりよろしくない自分にとって、雁ノ巣の暑さ&座れないのは堪えました。出待ちもせずにすぐに帰ってしまいましたし(まあ、負けた後って何かあまりする気にならないんですよね)、明日も行くのをやめとこうかなと思っています。4日はヤフドなので予定通り行くつもりですが。

人が多くて写真もほとんど撮れなかったので、今回はなしで。
スポンサーサイト





ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2009-05-03(Sun) 00:48 観戦記(その他球場) | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
まさかルイスが・・・~5/18 読売vs広島 東京ドーム 観戦記~ [20080519]
カープナインとともに、福岡に移動してまいりました(時間は全然違いますけれど)。

いやあ、しかし昨日の試合は「まさか」でした。

先発はルイスと木佐貫、楽勝だなとタカをくくっていたら、あの立ち上がり・・・。あの安定感抜群のルイスに一体何が起こったのか、目の前の出来事を信じることができませんでした。

勝ちを計算していたルイスで、いきなり4点ものリード。さて、今日はやけ酒飲みまくろうかな(酒が高い東京ドームなのに!)・・・といじけていたところに、2回にすかさず1点返す。「あれっ、今日もしかしていけるんじゃね?」とすっかり元気を取り戻してしまいました。

まさかのルイスソロムランに続き、5回にはアレックスのタイムリーで1点差に。もう「勝てる!」としか思わなかったですね、あの時。球場にいた全てのカープファンがそう思っていたんじゃないですか?

ただ、6回7回とチャンスは作りながらも、同点に追いつくことができませんでした。代打攻勢をかけてこないことにもどかしさを感じましたが、赤松と栗原以外はヒットを放っていた状況ではやりづらかったのでしょうか。まあ、ただ単に、緒方も前田も見られなかったからいじけているだけなんですけれど。

あと。中4日だし次も中4日で投げてもらわないといけないし100球超えてたし、ルイスの7回降板自体には何の問題もないと思います。あの立ち上がりを考えれば、よく7回まで投げてくれたな、としか思えません。しかし、8回裏のマウンドにコールされるのは梅津だと思っていたんですね。だから岸本でびっくりして、同時に不安を覚えました。そういうのはよく当たるものです。

3タテで気分よく苦手な交流戦へと突入してもらいたかったものですが、しょうがない。

明日は大竹が2勝目を挙げられるように、レフトスタンドから声援を気を送って来ますよ。

しかし3日間東京を歩きまくったこの足で、果たしてスクワットはちゃんとできるのであろうか。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2008-05-19(Mon) 23:46 観戦記(その他球場) | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
最も期待に応えたのは~5/17 読売vs広島 東京ドーム 観戦記~ [20080517]
20080517223142
シーボルのホームラン、凄い当たりだったなあ。

赤松やっぱ速いわ。走塁も守備も本当にいい。

最終回のダブルスチールには燃えたなあ。

なお試合は(ry

って書くつもりだったのに、勝った!

最後の最後に4番らしい仕事をしてくれた栗原はGJ!

でも本当にGJだったのは、全カープファンの願いを叶えて、同点にもかかわらず門倉を出してくれた原監督であることは間違いありません。

ただでさえ、9回終了で帰るお客さんが多かったのに、名前がコールされた瞬間にさらに立ちましたから。

9回からは、まるでカープのホームゲームのような雰囲気でしたよ。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2008-05-17(Sat) 22:31 観戦記(その他球場) | TB(0) | コメント(3) | 編集 |
前田健太と18人の敵~4/20 ソフトバンクvs広島 雁ノ巣球場 観戦記~ [20080421]
※管理人、また出張につき、しばらく更新休みます。

本日は予告通り、日曜日の雁ノ巣の試合のレポをお送りいたします。

公式にも結果が掲載されていますし、携帯HAやRCCの「山崎タイムス」でもこの試合のことが触れられているので、結果はご存じの方も多いでしょうが、それを補足させていただきます。

まず、マエケンが登録抹消された際に抱いた、「こういう形の2軍落ちでも髪は切らないといけないのか?」という疑問の答えですが。

0420_01.jpg

はい、すぐにまた上がるという証です。

再登録は27日から可能ですから、中6日で27日昇格即先発なんじゃないでしょうか。ちょうどその日が空きますから(明日から長谷川宮崎大竹ルイス高橋、の順番で間違いないでしょう)。でもまた横浜戦になるんですよねえ。

さて肝心の投球ですが、5回3失点。球数、公式では100球、携帯HAでは99球となっていますが、自分の手元のメモでは100球となっているので、公式のが正しいと思います。いずれにせよ多いです。

基本的には、2週間前に広島で見た時と、そんなに印象は変わりません。違った点があったとしたら、前回ほどフォームにゆったり感はなくて普通だったな、とか(やっぱりあの時は意識して力を抜いていたのだと思う)、変化球でもストライク取れた割合は高かったかな、とか。

まだまだ発展途上の投手なので仕方がないのでしょうが、しかし1軍デビューを果たした後でしたから、もっと1軍らしい貫録の投球が見たかったなあ、というのが本音。先頭打者の福田に対する、3球連続での見逃し三振は凄かったんですけれどね。

ただですね、あんなファイヤーな内野陣をバックにしていたら、そりゃ安心して投げられないって!打たせて取るなんて難しいから、自分の力で三振取るしかないって思うって!とマエケンを擁護しておきます(あと2番手の相澤も)。内野陣、何であんなに捕球が下手なのでしょう。何ですぐにこぼすのでしょう。この日はサードに廣瀬が入りましたが、まだ1軍で守備に入れるレベルではないように思いました。じゃあゴロがダメならフライ・・・と言いたいところですが、これが強風と相まってホラーなんだな!フライが上がる度に、神様に祈りたくなりました。

こんなバックじゃあ、投手もなかなか育たないよなあ。

ちなみに本日のタイトル「18人の敵」とは、相手選手9人+味方の守備8人、あと1人は誰かというと、球審。いいコースに投げてたのに、低めのをストライクとコールしてくれなかったことが何度もありました。2アウトでフルカウントからすごくいい球投げて、マエケン確信して2・3歩マウンドから降りかけたら判定がボールで四球で、膝に手をついて「嘘やーん!」って感じになっていたり。まあでも、球数が多かったとはいえども、相手投手とは違って、はっきりとわかるようなボール球が多かったわけではありません。

ではこれからまた、詳しい投球内容を書いていきますね。

⇒ 続きを読む

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2008-04-21(Mon) 21:50 観戦記(その他球場) | TB(0) | コメント(2) | 編集 |
マエケン速報 [20080420]
今日も雁ノ巣に来ています。

マエケンは先程、5回で降板しました。

多分、球数100被安打7三振3四球2死球1失点3だと思います。

打線爆発でここまで11得点です。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2008-04-20(Sun) 15:15 観戦記(その他球場) | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
安部の存在感~4/19 ソフトバンクvs広島 雁ノ巣球場 観戦記~ [20080419]
1軍の弱さに絶望して、今日は2軍の試合を見に行ってきました。

ただ単に、雁ノ巣で試合があったから、ですけれど。

とにかく今日は、風がめちゃくちゃ強くて寒かった!家を出る時、「この風で末永の守備とか見たくないな。あ、でも今の2軍の層なら末永がスタメンじゃないだろう」と考えたくらい(苦笑)でもスタメンだったんですよね。フライとか危なっかしかったですけれど、とりあえず今日はミスなし。まあ外野はノーエラーだった分、内野がアレでしたが(それは後で詳しく)。

そしてあまりの強風で、途中でスコアボードの「尾形」の文字が剥がれ落ちた・・・。不吉だからやめてくれえええ!(でもこれも、ある意味結末を予兆していたのか?)

昨年の場合、1軍も勝てないし、かといって雁ノ巣に若鯉見に行ってもさらに勝てなくて昇格させられそうな選手もいないし、でWで暗い気持ちにさせられました。しかし今年は、新戦力や、昨年なら1軍にいたような選手も多くいて、昨年までとは2軍の顔ぶれも随分と変わり、非常に楽しみな気持ちで球場に足を運びました。そんな中で、今日の試合、自分の中で最も印象に残ったのは、

高卒1年目ルーキーとは思えない、安部の堂々とした存在感

今日1日で、いっぺんにファンになりましたよ。

1回裏の守備の時、今までの由宇カープからは考えられないくらい内野からよく声が出ていて。その声の発信源は主にショートから。私は最初、勘違いしていて、それが小窪だと思っていたんですね。やっぱアマ時代ずっと主将を務めてきた選手らしいな、とか。で、ちょっとしてから「あ、違うや、安部だ」と気づいて、驚きました。

ペローンが1球投げるごとに、「OKOK!ナイスボール!」とか、ランナーが出たら、「よし、ダブルプレー行くよ!」とか。実戦1月とは思えない、もうすっかり内野の要っぽい風格を感じました。しかもいい声なんだ、これが。例えばサードの尾形も声を出していたけれど、やっぱりちょっと細くて小さめ。だけど安部の声は、こう腹から出てる感じがすごくする。他にも、最初の打席で凡退した後にネクストの森笠と話す姿とか、退いた後に野手に用具を渡す姿とか、1つ1つの行動が堂々、キビキビとしていて、見ていて気持ちがいいのです。

盗塁を失敗したり、チャンスに代打を送られたり、と技術的にはまだまだなのでしょうが、しかしこれから練習を重ねればいくらでも上手くなる!数年後、1軍の内野のリーダーに成長していてほしい!と、1軍のショートのリーダーシップに大いに不満のある自分は、そう期待してしまうわけですよ(その1軍のショート、途中交代していたので怪我でもしたのか?と携帯HAの速報見て心配していたら、こういうことだったんですか。うーむ)

で、安部の姿に目を細めながら、ふと「これじゃ高明、2軍でも立場ないよな・・・」という考えが頭をよぎったのです。そしたら案の定。

安部に代打が出された関係で、6回裏からショートの守備に高明が入りました。そしたらいきなり、5回まではあれだけ活気のあった内野守備が、いきなり静かに・・・。ピッチャーが言葉の通じないシュルツに交代したから?いやいやいや、その後佐竹とかに代わっても静かなままでしたし。それまで松山や尾形も結構声出していたけれど、結局それも安部につられていただけだったんかい!と。そして2アウト2塁の状況で、やっちゃいました高明。何でもないショートゴロを取り損ねて後ろに逸らしてランナー生還。その後、8回の打席ではバントができず結局空振り三振。2軍でも代走屋くらいしか居場所がなさそうってどういうことだorz

そして1点リードで迎えた10回裏、目を覆いたくなるような光景でサヨナラ負けを喫します。1アウト1・2塁。打球は理想通りのセカンドゴロ。4-6-3のゲッツーで試合終了、ああやっと終わる・・・と思った次の瞬間、前の回からショートに回っていた小窪の1塁への送球は逸れ、この回からファーストに入っていた甲斐も捕ることができず、ランナー生還で同点・・・。小窪は固まっていました。その後コーチが出てきて内野陣がマウンドに集合したのですが、しばらくその輪にも入れないほど、呆然と立っていました。そ、それでもまだ引き分けなら・・・と思ってた2アウト1・2塁。よーしサードゴロに打ち取った、引き分けか、と思った次の瞬間、佳紀がorz

個人の技術レベルの問題も当然ありますが、守備(特に内野守備)とはチームワークの賜物であって、ただ個人が来た球を捕って投げればいいというものではない、ということを改めて痛感した1日でしたね。

それでは、詳しい試合内容を写真付きでご報告いたします。「続きを読む」からどうぞ。

⇒ 続きを読む

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2008-04-19(Sat) 21:26 観戦記(その他球場) | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
本日の雁ノ巣のスタメン [20080419]
6 安部
4 小窪
7 森笠
3 松山
9 山本芳
5 尾形
DH 甲斐
8 末永
2 上村
P 青木高

この風で末永のセンターはガクブル

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2008-04-19(Sat) 12:26 観戦記(その他球場) | TB(0) | コメント(0) | 編集 |


copyright © 2005 えふ all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
ブログ内検索
タグ検索
カープニュース
セリーグ順位表
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
リンク
このブログをリンクに追加する
あわせて読みたい
あわせて読みたい
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード