fc2ブログ
blog top Category Archive All title Search RSS Admin
プロフィール

えふ

Author:えふ


○生まれも育ちもまるまる九州。だけどカープファン歴12年。

○福岡県民でありながら、大の鷹アンチですので悪しからず。

○カープの選手は全員好きですが、特に今は大竹、横山、マエケンを応援しています。ストレートに力のある右の本格派が好きです。緒方と前田は別格。

○当blogのモットーは「喜べる時には喜んでおけ」。基本的に選手を見守るblogでありたいと思っております。

○基本、面倒臭がりな性格である上に、出張等多い仕事のため、更新頻度にムラのあるblogです。

○宣伝目的および誹謗中傷を含むと管理人が判断したコメント・TBは削除させていただきます。特に選手・スタッフ・球団の蔑称が入ったものは荒らしとみなし、特に悪質なものはNG設定させていただく場合がございます。ご了承下さい。

○試合のない日やネタがない時は、飯ネタ(主に辛い物)が入ることがございます。

○リンクは基本的に自由ですが、リンクの際には一言コメントいただけると管理人として嬉しく思います。

※JUGEM時代の旧blogはこちら

ブログパーツ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

M o n t h A r c h i v e
前の月(06月)2008年07月のアーカイブ次の月(08月)

  • 最短で8月17日 - No127 at 2008年07月29日  (Tue)  23:54:03
    └ おい、大本営!球宴出場をルイス明言じゃなかったんかい!そんな記事が出た、その日に、広島のルイスが球宴辞退って、どないなっとんねん!と思ったら。ルイスは28日に、「球宴では1回は投げる」と出場を明言していたが、同日の試合前にセ・リーグ監督の巨人・原監督からブラウン監督を通じ、2回を投げてほしいと打診を受けた。しかし、炎症を起こしていた右ひじの状態や疲労から、1回が限界と判断し出場を断念した。コレ読んだ...
    ... ⇒全文  [広島東洋カープ]

  • まさか、まさかの結末 - No126 at 2008年07月28日  (Mon)  00:37:06
    └ 全く予想していなかった結末に、何だか爆笑してしまいました。苦労人、広島・シーボルがサヨナラ満塁弾!シーボル、途中出場で大仕事=プロ野球・広島「シーボル!振るんじゃないぞ、よく球見て押し出し選ぶんだぞ!体の近くに来てもよけるんじゃないぞ!」なーんて思ってたら。グランドスラムだなんて。シンジラレナーイ。ルイスの復帰が近い上に、新外国人投手ブラウワー獲得。さらに昨日はサードができる喜田と田中が昇格、とど...
    ... ⇒全文  [広島東洋カープ]

  • 「決意の4番」で連敗脱出 - No125 at 2008年07月24日  (Thu)  00:25:28
    └ 勝ったーーーーー!!!!!栗原、連敗止める広島の栗原、チームを乗せた逆転弾広島・栗原が逆転3ラン! チームの苦境救う今日最初に携帯で途中経過をチェックした5回、スコアの数字が「6-2」となっているのが見えて、よく確認もせずに「はいはい今日も序盤から大量失点・・・うええっ!?」となってしまいました。まあ5回で4点リードだからといって、このまますんなり勝てるとは1%も思ってませんでしたが。そして帰宅し...
    ... ⇒全文  [広島東洋カープ]

  • やることなすこと - No124 at 2008年07月22日  (Tue)  22:53:24
    └ ルイスが2軍に行って、「復帰が予定より遅れる」という悲しい知らせが届いた途端に、「ヤクルトがダグラスを獲得へ」という記事が出るし。山崎をオリックスにトレードに出した途端に、不振の梵は2軍落ちになるし。マクレーンの話が出た途端にシーボルがそこそこ活躍しだして、「じゃあ新外国人はなしで」という方向になったら、打てない守れないになっちゃうし。「これからは緒方や前田をスタメンで使う」と言って、実際に緒方をス...
    ... ⇒全文  [広島東洋カープ]

  • トレード2連発 - No123 at 2008年07月18日  (Fri)  09:13:24
    └ 今日は午後から仕事なので、珍しく朝に更新。まあ朝からデカいニュースが飛び込んできましたからね。佐竹と牧野(楽天)トレード 山崎も田中(オリックス)と楽天 緊急トレードで左腕・佐竹補強オリックス・田中 広島・山崎もトレード牧野塁 - Wikipedia田中彰 (野球) - Wikipedia絶対あるんじゃないかとは思っていた。だけど実際にあるとびっくりする。それがトレード。横浜に連敗したのもびっくりだけど、トレード2連発という...
    ... ⇒全文  [広島東洋カープ]

  • いっそのこと - No122 at 2008年07月16日  (Wed)  23:38:01
    └ 長谷川、青木高、宮崎、大島・・・。カープ投手陣には、ロングリリーフ(特にビハインド時)だとそれなりにいい投球ができるけれど、かといって先発させてみるとピリッとしない、という投手が何人もいる。というわけで提案。無理に先発に固定させようとするよりも、いっそのこと「ブルペンデー」復活させた方がいいんじゃね?2年前だってやってたんだし。とりあえず1回り。イニングにして2・3イニング。これをしっかりと抑えてくれ...
    ... ⇒全文  [広島東洋カープ]

  • 鍵は横浜戦なのだ - No121 at 2008年07月14日  (Mon)  23:55:07
    └ 明日からビジター9連戦です。先週末の甲子園も含めると、2週間の遠征。まったく、何でカープばっかりこんな日程に。その9連戦の相手は横浜、ヤクルト、中日。先週末で、2位争いから読売が1歩抜け出した感がありますので(まああの戦力だったら、今頃抜け出すのも遅いはずなのですが)、3位争いのライバルとなるヤクルトと中日はしっかり直接倒さなければなりません。上ばかり見ていましたが、何気にヤクルトも1ゲーム差で迫ってい...
    ... ⇒全文  [広島東洋カープ]

  • 嬉しい誤算?コズ好投 - No120 at 2008年07月13日  (Sun)  00:18:05
    └ セリーグの灯は消さないぞ!広島、虎のVマジック点灯阻止!広島:コズロースキー、来日初勝利 阪神、マジック灯らずコズロースキー、配置転換で変身=阪神のVマジック点灯を阻止この3日間、とにかく仕事が忙しくて。携帯で結果をチェックするのが精一杯で映像も全然見れなかったのです(今skyAの再放送をチラチラ見てますけどね。ちょうど赤松タイムリー)。約1か月ぶりの連敗も、悲観するような内容ではない、だけどそこで勝ち...
    ... ⇒全文  [広島東洋カープ]

  • 10度目の正直 - No119 at 2008年07月09日  (Wed)  23:43:09
    └ 帰宅してテレビをつけたら、歓喜の輪がほどけたところでした。その中心にいた人物の頭だけを見て、サヨナラ打を放ったのが昇吾かと思ってしまいました。・・・また遅刻したんだね、天谷(苦笑)広島に5割呼んだ!天谷殊勲のサヨナラ打最後に生きた積極性=天谷、走と打のヒーロー-プロ野球・広島赤ヘル、若い力で今季初5割 天谷が劇的一打拙攻?三者残塁?四球?そんなのいつものことじゃないっすか。相手の不調やミスに助けら...
    ... ⇒全文  [広島東洋カープ]




  • 野球三昧(のつもり) - No115 at 2008年07月04日  (Fri)  00:08:27
    └ 明日は、仕事が終わり次第ヤフードームに駆けつけて、若鷹vs若鯉戦を見に行きます。プレイボールには間に合わないでしょうが、何故かナイトゲームなおかげで見れます。明後日は、夕方から仕事なので、その前に雁ノ巣行こうと思います。そして日曜日は・・・。仕事の予定だったのが休みになったので、天気も悪くなさそうなことだし、日帰りで広島に突撃する予定!飯塚も中途半端に遠いし、だったらいっそのこと広島まで行ってしまえ...
    ... ⇒全文  [雑談]

  • 待ち焦がれていた笑顔 - No114 at 2008年07月02日  (Wed)  00:33:48
    └ 栗原一発、故郷に錦広島:逆転勝ち 横浜は中盤の得点機のがす故郷に錦! 広島・栗原が同点ソロ踏ん張った大竹=プロ野球・広島今年のカープがこの時期まで5割近くで踏ん張っている要因の1つに、「ベンチの明るさ」を挙げる人も少なくありません。天谷、赤松、マエケンなど、今年から1軍に定着するようになった選手達の「陽」のムードが、チームの戦い方にも影響を与えているのでしょう。そんなチームの明るさに目を細めつつも、...
    ... ⇒全文  [広島東洋カープ]
最短で8月17日 [20080729]
おい、大本営!

球宴出場をルイス明言

じゃなかったんかい!

そんな記事が出た、その日に、

広島のルイスが球宴辞退

って、どないなっとんねん!

と思ったら。

ルイスは28日に、「球宴では1回は投げる」と出場を明言していたが、同日の試合前にセ・リーグ監督の巨人・原監督からブラウン監督を通じ、2回を投げてほしいと打診を受けた。しかし、炎症を起こしていた右ひじの状態や疲労から、1回が限界と判断し出場を断念した。


コレ読んだら、昨年の落合が天使に思えてきました。って、昨年はボロクソに叩いてたくせに、自分(でも、1イニングだけでもいいから、先発にしろって話でしたけど)。これで10試合のペナルティが課せられるなんて、かなわんわ。原監督は、この先カープが順位を上げることを恐れて、ルイスの封印にかかったんでしょうか(嘘)。

でもまあ、冷静に考えると、「1回が限界」とか言ってる状態ということは、オールスター明けに戻ってきたとしても、それほどの活躍は期待できなかっただろうということで。それだったらもう、ペナルティの期間を使って、少しでも離脱前の状態に近い姿で戻ってきてもらいたいと願うしかありません。不幸中の幸いで、8月は五輪のため日程がそれほどきつくありませんから、ローテのやりくりも多少は何とかなるのではないでしょうか…。

マーティー嫌いな方々の格好の叩きネタになってしまいそうではありますが、でもそもそも中4日はマーティーどうこうではなく、ルイス本人がやる気満々だったんですから。自分が中4日に反対していたのは、怪我のリスクを恐れたからではなく、チーム全体のバランスの問題。2年前の黒田とは訳が違う。

それで・・・ルイスの代わりにオールスターに出るのが・・・大竹ですか・・・。大竹オタですが、こんな成績の時に初オールスターだなんて、素直に喜べません。ていうか、成績考えたら、普通に永川でしょう?日本代表と対戦するセリーグ選抜も、永川じゃなく大竹ですもんね。まあ永川みたいなフォークピッチャーが対戦相手にいないでしょうし、あと大竹にはバッティングピッチャーとして期待されてる、のか?(苦笑)

で、ルイスがまだしばらく戻ってこれないというわけで、その間の戦いを考えると、今日のコズの出来というのは非常に重要だったのですが・・・。

痛かった3長打=プロ野球・広島

しかも5回には肩かどこかを痛めたような様子だったとか?(入りの悪い車のラジオで聞いていたのでよくわかりませんでしたが)。これ以上の負傷者は嫌だ!

ブラウワー、先発はできんのかなあ(ってそんな急に無茶な)。

でも、コズの投球も問題だったけれど、今日はそれ以上に打線でしょう。4点差くらい跳ね返せる力は、少し前までは確かに持っていたし、今日だってそれができたはず。5回裏、嶋が打席に入った時に、ラジオで「先発野手で安打がないのはこの嶋だけになりました」とか言ってて、「なのに2点しか入っていないんかい!」とツッコみました。打率は悪くないけれど得点は低いという効率の悪さ。前半戦最後の試合で、1番の課題が出てしまった、ある意味象徴的な試合だったのかもしれません。

岸本の尻拭いをした梅津は見事でしたが、上野は2被弾。梅津を横竜の二の舞にはさせてはいけないので、岸本と上野には頑張ってもらわないと。という状況で、カープデビューとなった牧野が読売の主軸を三者凡退で抑えてくれたのは、敗戦の中でのわずかな光でしょうか。とここまで書いてふと、モリチョーが今1軍にいることを急に思い出した!(少し前までの大島状態?)

7連敗もあったので、今月は10勝14敗1分の負け越し。ってこうやってトータルの数字にすると、そこまでひどくなかったように感じられてしまうのは気のせい?でもそれだけ、連敗前はいい調子で来ていたってことなんですよね。ああ勿体ない。五輪で主力が抜ける8月、カープだけでなく各チームどんな戦いになるんでしょうね。
スポンサーサイト





ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2008-07-29(Tue) 23:54 広島東洋カープ | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
まさか、まさかの結末 [20080728]
全く予想していなかった結末に、何だか爆笑してしまいました。

苦労人、広島・シーボルがサヨナラ満塁弾!
シーボル、途中出場で大仕事=プロ野球・広島

「シーボル!振るんじゃないぞ、よく球見て押し出し選ぶんだぞ!体の近くに来てもよけるんじゃないぞ!」なーんて思ってたら。グランドスラムだなんて。シンジラレナーイ。

ルイスの復帰が近い上に、新外国人投手ブラウワー獲得。さらに昨日はサードができる喜田と田中が昇格、とどこからどう見てもその立場が危ない存在。何とか意地を見せられた、というところでしょうか。しかしマクレーンの話が浮上してからしばらく打ってたように、常にそうやって煽ってないと打たないのか、彼は!? というわけで来週からも来季の新外国人選手獲得の噂をバンバン流してもらいましょうか(苦笑)(まあ当然動いているでしょうけれど。新球場初年度にふさわしい、華のある大砲はやっぱり欲しい)。

しかし昨日といい今日といい、「相手の継投で勝たせてもらった」感がありますね。昨日は6回から小刻みな継投をしておきながら、8回9回は横山続投で2被弾。今日も昨日と同じような顔ぶれで、延長に入ったにもかかわらず寺原は出さず。同点でも永川を出したカープとは対照的(って永川連勝だしw)。もし仮にカープが負けていたとしても、(投手継投の部分に関しては)「いい投手から出して打たれたんだから仕方がない」と思えたでしょう。でも横浜ファンはきっと今頃、「寺原を出していれば・・・」と思っているのではないでしょうか。他の投手に関しては毎日惜しみなく出すのに、何で寺原だけは惜しむんでしょうねえ。不思議です。まあそんなチームとほぼ五分なのであまり偉そうなことも言えませんが・・・。

大竹、確かに8回に村田に被弾など褒められた内容ではないかもしれません。しかし被弾した直後にグラブを叩きつけたり、抑えた時の派手なガッツポーズとか、とにかく感情が表に出ていました。それって大事なことだと思うんですよね。味方だって「大竹のために」って思ってくれるはずなんですよ。勝てなかった時の大竹は常に難しい顔をして、自分1人で野球をしていた。だから余計に勝てなかったと思うのです。

どういう形であれ、久しぶりの連勝で、つい最近まで経験していたどん底からは脱出できたかなという感じがします。でも明日からは打撃好調の読売と2連戦。昼間見ていましたが、どこからでも、どうやってでも点を取れる感じで、非常に怖かったです。復帰後好投しながらも報われない建さんに、早く白星をつけてあげたいんですけれどね。そのためにわざわざ大竹と順番入れ替えたんですから。

・・・で、ショーゴブログに満面の笑みのシーボルの写真がうpされるのはまだですか?

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2008-07-28(Mon) 00:37 広島東洋カープ | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
「決意の4番」で連敗脱出 [20080724]
勝ったーーーーー!!!!!

栗原、連敗止める
広島の栗原、チームを乗せた逆転弾
広島・栗原が逆転3ラン! チームの苦境救う

今日最初に携帯で途中経過をチェックした5回、スコアの数字が「6-2」となっているのが見えて、よく確認もせずに「はいはい今日も序盤から大量失点・・・うええっ!?」となってしまいました。まあ5回で4点リードだからといって、このまますんなり勝てるとは1%も思ってませんでしたが。

そして帰宅してテレビをつけたら、9回裏のマウンドに永川が。これで勝利を1%は確信しました。え、残りの99%?間隔が空きすぎた永川の炎上に対する不安。3者凡退でしたけれどね。

今日は4番が4番らしく打って勝利しました。昨夜、連敗中の今の心境と、疲労骨折していた事実をブログで明かした栗原。7連敗という泥沼の最中にそれを明かすというのは勇気が要ることです。それで打てなかったら、単なる「言い訳」「自己保身」。皆が知らなかった事実をあえて自ら明かして、その日に活躍する。そこに秘められた思いというか決意を感じます。

ていうか、正直言って自分は諦めていたよ。ごめん栗原。でもさ、単に7連敗というだけでなく、その中身が投壊&守乱&貧打じゃ、心が折れないという方が無理ってもんよ。まあ今日の勝利1つで相当立ち直りましたが(←単純)。

しかし栗原って、実は今月の成績、月間の安打数と打率がトップだったりするんですね。あまりそんな感じがしないのは、単純にチームが勝っていないからなのか。あるいはチャンス(特に満塁)に弱い印象が拭い切れていないのか。

2週間の遠征も終了。広島で心機一転出直し、出直し。だけど相性のよくない&最近調子よさそうな横浜相手だけに、やっぱり不安(ここ数日は、「このままじゃ横浜にも抜かれるんじゃないか・・・」というネガ全開でしたよ)。連敗を止めたことで吹っ切れて、9連戦前のいい戦いが出来ていたカープの姿に早く戻ってほしいものです。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2008-07-24(Thu) 00:25 広島東洋カープ | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
やることなすこと [20080722]
ルイスが2軍に行って、「復帰が予定より遅れる」という悲しい知らせが届いた途端に、「ヤクルトがダグラスを獲得へ」という記事が出るし。

山崎をオリックスにトレードに出した途端に、不振の梵は2軍落ちになるし。

マクレーンの話が出た途端にシーボルがそこそこ活躍しだして、「じゃあ新外国人はなしで」という方向になったら、打てない守れないになっちゃうし。

「これからは緒方や前田をスタメンで使う」と言って、実際に緒方をスタメンで使ったら、満塁でゲッツーで1点止まりだし(でもそれが今日唯一の得点orz)

ああ、何でこんなに何もかもがズレていくのだろう・・・。

「次に更新するのは連敗脱出の日にしよう」と数日前に誓いました。脱出していませんが、ちょいと更新してみました。

でも、正直言って、試合見てません。「7連敗」というその響きだけでも辛くて辛くて仕方がないのに、その惨状をじっくり見れるような精神力は持ち合わせておりません。自分がやりたくない「叩き」をやってしまいそうで嫌です。

ムードを変えてくれるような選手が欲しい。成績は多少度外視して、松山でも昇格させてみたらどうだろう、とか考えてしまいます。

これで「横山の復帰も遅れる」とかいう記事が出たら、マジ泣きしてしまうかもしれません、自分。

以上、久し振りの更新がこんなに中身のないものでごめんなさい。いやもう、この程度に留めておかないと精神的健康上にもよろしくない。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2008-07-22(Tue) 22:53 広島東洋カープ | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
トレード2連発 [20080718]
今日は午後から仕事なので、珍しく朝に更新。

まあ朝からデカいニュースが飛び込んできましたからね。

佐竹と牧野(楽天)トレード 山崎も田中(オリックス)と
楽天 緊急トレードで左腕・佐竹補強
オリックス・田中 広島・山崎もトレード
牧野塁 - Wikipedia
田中彰 (野球) - Wikipedia

絶対あるんじゃないかとは思っていた。だけど実際にあるとびっくりする。それがトレード。横浜に連敗したのもびっくりだけど、トレード2連発というのもまたびっくり。

まずは佐竹-牧野。

こういうことを言ってはいけないのかもしれませんが、正直、トレードあるなら佐竹あたりはあるんじゃないか、と思っていたんですよね。左腕というのはどの球団にとっても貴重な存在です。そこそこ1軍の経験もあって、今年ほとんど2軍暮らしとなると、目をつける球団があるのではないかと。

ただノムさんのところ、というのは意外でした。得意技の、ピンチに出てきて四球出して交代させられる「何のために出てきたんだ」(先日の2軍戦でもそれやってた)が発動して、ノムさんのボヤきの対象にならないよう、頑張ってもらいたいです。

一方の牧野ですが、名前は知っていましたが、どういう投手かは詳しくは知りませんでした。「またパワーアームかい」と思いましたが、ノムさんの指導で技巧派に変わりつつあるとか。んー、でも今年はまだ1試合にしか投げてないんですねえ。横竜抹消中、シュルツ失点中な中で使える中継ぎが増えてくれるのは有難い、と思っていましたが、大丈夫なんだろうか。

で、山崎-田中。

こっちの方が驚きました。山崎のトレードは予想していなかったし、しかもトレード先が古巣というのがね。ていうかオリックスって、最近ドラフトでも二遊間ばっかり獲ってるし、それでさらに山崎!?と。後藤や大引が故障しているということで緊急措置なのでしょうが、しかしそれでは今年はよくても来年以降は辛いな。って、カープに来た時と状況が似ている?

ナイスな守備とナイスなキャラは惜しいです。しかし(マーティー政権下で)致命的だったのは、「打てない」ということよりも「走れない」ことだったでしょう。同じ「打てない」なら、走れてそこそこ守れる昇吾の方が使い勝手がいいですもんね。

でもさ。山崎がいなくなったら、栗原は誰とラーメン食べに行けばいいのさ。誰が飛行機の中に缶コーヒー持ち込もうとする前田を止めればいいのさ。ルイスは誰の部屋に氷水流し込めばいいのさ。誰が隠し球やるのさ。

交換相手の田中に関しては…、はい、全く知りませんでした、すみません。力士の家系でパワフルな打撃の内野手って、それ何ていうキダゴー?(※喜田の父親も力士) どうやらサードがメインっぽいので、本職のサードが少ないカープではチャンスかもしれません。

以前はトレード下手なカープでしたが、最近はそこそこ成功していますので、今回のトレードも両球団にとって成功となることを願います。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2008-07-18(Fri) 09:13 広島東洋カープ | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
いっそのこと [20080716]
長谷川、青木高、宮崎、大島・・・。

カープ投手陣には、ロングリリーフ(特にビハインド時)だとそれなりにいい投球ができるけれど、かといって先発させてみるとピリッとしない、という投手が何人もいる。

というわけで提案。

無理に先発に固定させようとするよりも、いっそのこと「ブルペンデー」復活させた方がいいんじゃね?


2年前だってやってたんだし。

とりあえず1回り。イニングにして2・3イニング。これをしっかりと抑えてくれさえすれば。それを3・4人連続である程度できれば。その時は勝ちパターンの中継ぎが極力休めるようにできれば。

ダメっすかねえ?でも、「ローテにあと1枚が足りない」という現状を手っ取り早く抜け出すには、これしかないと思うんですけれど。長谷川が失った信頼は大きすぎるし、ペローンは相変わらず大きいのかっ飛ばされるし、宮崎も下で抜群によかったわけでもないし。というか、大島には何故1度しか先発の機会が与えられないんでしょうねえ。中継ぎにしては登板間隔も空きすぎているし、1軍にいるからにはもう少し彼の使い方を考えてもよさそうなものを。

んで「ブルペンデー」といえば広池ですが。広池も下で先発調整させてみてもよかったんじゃないかと思います。炎上続きの佐藤とかを使い続けるよりは、意味があるんじゃないでしょうか。

まあ、今日の打撃では、誰が先発でも負けていたでしょうけれど・・・。

「普通に」横浜には勝ち越さなければなりませんが、交流戦明けてから3連戦の3戦目は全敗なんですよね。恐らく中5日でマエケンだと思います。マエケンのポジティブパワーで、冴えない負けをしたこのムードを変えてほしいですね。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2008-07-16(Wed) 23:38 広島東洋カープ | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
鍵は横浜戦なのだ [20080714]
明日からビジター9連戦です。先週末の甲子園も含めると、2週間の遠征。まったく、何でカープばっかりこんな日程に。

その9連戦の相手は横浜、ヤクルト、中日。先週末で、2位争いから読売が1歩抜け出した感がありますので(まああの戦力だったら、今頃抜け出すのも遅いはずなのですが)、3位争いのライバルとなるヤクルトと中日はしっかり直接倒さなければなりません。上ばかり見ていましたが、何気にヤクルトも1ゲーム差で迫っています。

で、これから先のCS争いを考えると、鍵になるのは「横浜戦」なのです。

昨日までの、5チームの横浜との対戦成績

阪神 9勝2敗
読売 8勝2敗1分
中日 7勝3敗
広島 6勝5敗
東京 6勝5敗

見事なまでに、横浜から多く稼いでいる順なんですね。

CSに出場して、さらにそこから勝ちあがろうと思うなら、悪いけれど横浜には普通に勝たなくちゃいけないんです。と、普通に横浜を3タテした先週末の読売を見てそう思いました。

ですので、明日からの横浜3連戦では、普通に勝ち越さなければ(ここで「普通に3タテ」とは書けない自分は弱虫)。打撃はいいけれど投壊、の印象が強い横浜ですが、ここまで喫した5敗を見ると、意外にもロースコアの接戦で落としていたりします(子どもの日以外は、全てお互い5点未満)。対戦打率.293、防御率3.15にもかかわらず5分に近いということは、いかに効率の悪い攻めで試合を落としているか、ということを物語っています(まあ打率に関しては、17得点の時に稼いだ部分も大きいでしょうが)。

5敗のうち2敗、しかも初回5失点&初回4失点の長谷川さえ先発させなければ、どうにかならんかなあ。

まずは明日の大竹には、最低でも7回は投げ切ってもらいたいものです。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2008-07-14(Mon) 23:55 広島東洋カープ | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
嬉しい誤算?コズ好投 [20080713]
セリーグの灯は消さないぞ!

広島、虎のVマジック点灯阻止!
広島:コズロースキー、来日初勝利 阪神、マジック灯らず
コズロースキー、配置転換で変身=阪神のVマジック点灯を阻止

この3日間、とにかく仕事が忙しくて。携帯で結果をチェックするのが精一杯で映像も全然見れなかったのです(今skyAの再放送をチラチラ見てますけどね。ちょうど赤松タイムリー)。約1か月ぶりの連敗も、悲観するような内容ではない、だけどそこで勝ちに持っていけないのがやはり上位との差なのか?いくら内容がよくても、3連敗という結果だけは絶対に阻止しなければなりませんでした。

しかし先発は、1軍では初先発となるコズ。先週のファームでの内容がよろしくなかったので大変不安でした。なので6回途中まで無失点というのを知った時には無茶苦茶驚きましたよ!とにかく「四球が1つだけだった」というのが今日の全てだったのではないでしょうか。しかもその1つは交代直前のもの。ランナー出してボーク取られて、ちょっとイライラが出ていたようにも見えましたが(でも先週に比べたらよく抑えた方だと思う)。そういえば阪神って、変化の大きい球が武器の投手には弱かったんだっけなあ、とか思い出してみたり(昨年のナックルさんとかペローンとか)。

コズが好投という結果を受けて、カープファンの誰しもが考えることは当然、「来週ルイスが戻ってきたらどうするんだ?」ということでしょう。先発要員は足りていませんし、来週は9連戦ということを考えると、先発としてある程度の信頼感を置ける投手がいてくれた方がいい。しかし最近の好調は、中継ぎ陣が作り出したものであるといっても過言ではないと思う。しかも横竜の調子がよろしくないとか?さて、どちらを優先するべきか?

というわけで意味をなしてくるのが、「上野2イニングパーフェクト」なのですよ。ていうか上野の防御率って0.82なんだな!昨年の”東京ドーム5点差の悪夢”のインパクトが強すぎるのか、未だに名前がコールされると不安が募る存在ではあるのですが(苦笑)

先週広島に行った日に、「頑張れ上野、頑張れ岸本」と書きました。願いが通じて、今週はその2人がよく頑張ってくれましたね。岸本も昨日は敗戦投手とはなりましたが、降格前のような炎上がなければ。2人がこの調子でいてくれるなら、この1週間のうち3試合で失点しているシュルツを降格させてもいいように思いますが。ルイスが戻ってくれば、ルイス先発時は中継ぎもそれほど使わなくて済むので、多少リリーフの負担も減ることでしょうし。さて、マーティーはどのような判断を下すのか?「いい投球をした。次は100球くらいいけるかもしれない」というコメントを読むと、コズは落とさないのかなという感じですね。

ルイス抜きで相手が中日と阪神で、「3勝3敗で行けたらいいなあ」という願望を抱いていましたが(「願望」と書くということは、つまりそれを達成するのが難しいと考えていたということ)、あっさりと3勝達成しちゃいましたねえ。負けた2つも、紙一重の差で勝ちにできたかもしれない試合でしたし。でもこうなったら、4勝したいぞ!また5割に戻りたいぞ!頑張れ建さん!

しかし中継とかスポーツニュースとかで「カープ強いですよ」と言われることが多いのですが、借金持ちなのに「強い」と言われるのも何だか微妙だな~と思ってしまいます。まあ4月ではなく今の時期に言われているのも幸せなことだと考えておきましょう。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2008-07-13(Sun) 00:18 広島東洋カープ | TB(1) | コメント(0) | 編集 |
10度目の正直 [20080709]
帰宅してテレビをつけたら、歓喜の輪がほどけたところでした。
その中心にいた人物の頭だけを見て、サヨナラ打を放ったのが昇吾かと思ってしまいました。
・・・また遅刻したんだね、天谷(苦笑)

広島に5割呼んだ!天谷殊勲のサヨナラ打
最後に生きた積極性=天谷、走と打のヒーロー-プロ野球・広島
赤ヘル、若い力で今季初5割 天谷が劇的一打

拙攻?三者残塁?四球?そんなのいつものことじゃないっすか。相手の不調やミスに助けられた?それも含めて野球じゃないっすか。今日は内容じゃない、勝ったということが何よりも大事!どんなエースよりも、どんな守護神よりも手強い「5割」という敵に、今季10度目にしてようやく勝てた。それに大きな意味があるのです。「こんな内容じゃ明日すぐに・・・」とか言わない!

今年2度目のサヨナラ勝ちは、1度目と同じく、打ったのが天谷で、帰ってきたのが東出で、勝ったのが横竜。ビバ福井県。お立ち台の言葉も今日も面白かった。「後ろに栗原さんがいるので何とかつなげよう・・・とは思わずに自分で決めようと思った」でしたっけ?確かにチャンスでの栗原は(ry だけどそういう強い気持ちが大事なんですよね。

サヨナラの後の歓喜の輪、天谷のお立ち台、そしてこの時期に5割という成績。本当に明るい光景です。1年前、どんな気持ちで毎日を過ごしていたか、皆様覚えていますか?思い出したくないでしょうが。自分は、黒田登板時と前田2000本カウンドダウンにしか楽しみを見出せていなかったと思います。今の戦いぶりにも当然、色々と課題はありますが、しかし「5割の壁」を前に一喜一憂しているというのも、ある意味(昨年のことを考えれば)幸せなことじゃないですか。この1か月連敗もありませんし、「悪い流れ」が継続しないというのも、近年のカープにない姿かもしれません。

しかし、今日はお立ち台に岸本も上げてあげたかったですね~。携帯で速報をチェックしていて、ペローンがウッズに2打席連続で四球を与えていて、「うちの投手は一体いくつウッズに四球を与えたら気が済むんだ」と思っていました(昨年の黒田も四球の記憶しかありません)。そしたら岸本が、ウッズを含むクリーンアップを3者連続三振ですよ!上野もそうですが、日曜の試合を見て心配していた投手2人がランナーを1人も出さない完璧な投球をしてくれたことは嬉しい!

今日の先発がまた長谷川だったらどうしようかと、17時20分頃は無駄にドキドキしていましたが、ペローンでした。先頭打者に四球を出して、そのイニングにいずれも失点したことはいただけません。しかし併殺2つもあって最少失点に抑えたのも事実。とりあえず試合を壊しはしなかったことが、サヨナラ勝ちを呼んだといえます。次はもう少し中継ぎの負担が減るように、6回くらいまでは投げてほしい・・・って、ペローンはQS達成すると勝てないんだったな(汗)

「5割の壁」という敵には勝ちました。明日からはラスボス「夢の貯(ry」との戦いです。元気のない中日を3タテして、行くぜAクラスに!でも明日も先発が谷間。長谷川も信用ならないけれど、コズ昇格即先発も(この前の試合を生で見ただけに)不安。どうやら中日も谷間のようですし、これは「打ちまくれ~打ちまくれ~♪」で勝つしかないですね。そして点差をつけて、横竜出さずに勝つ展開になってほしいなあ、というのは高望みでしょうか?

中日でも自力優勝が消えたのに、うちはまだ残っているんですね。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2008-07-09(Wed) 23:43 広島東洋カープ | TB(3) | コメント(0) | 編集 |
「5割の壁」にまた負けた~7/5 広島vsヤクルト 広島市民球場 観戦記~ [20080707]
わざわざ金をかけて、広島まで熱中症にかかりに行ったようなモンです。

0705score.jpg


「5割の壁?大丈夫、おいらが行くから越えてやんよ」という、訳のわからない意気込みで広島に乗り込みましたが、あえなく撃沈してきました。

敗因は色々とありますけれどね。現地で見ていて、自分がポイントだったなあと感じたのは、7回表でした。結果的にそのイニングは無失点で、その裏に同点に追いついたのではありますが。しかしすごく嫌な予感がしたんですよ。

あの回は、上野が終わらせなければならなかったのです。悪くとも、敬遠した後はきっちり次の打者を打ち取らなければならないのです。満塁にしてしまって、梅津がコールされた時に、思わず「ああ勿体無い」とつぶやいてしまいました。裏には投手に打順が回ってきます。梅津が抑えても、打席に入ることはないでしょう。ただ、正直言うと、同時に走者一掃も覚悟しましたけれどね。他人の出したランナーを返すことには定評のある梅津ですから。実際、近くにいた人も「えええ梅津か~」という反応していましたしね。

横山、永川、シュルツの3人が2連投だったことを考えると、上野が起用されるのはまあ当然。ルイスが抹消されて、ペローンや大島は来週の中日戦に先発するでしょうから、この2人を使うわけにはいきませんし。そういうチーム状況を理解していないわけはないでしょうが、だからこそ任されたイニングをきっちり全うしてほしかった。梅津に交代した瞬間、何かが「ずれた」ような感覚がしました。それはゲームプランだったり、ペースだったり。

上野でもいい、岸本でもいい。3者凡退などという高望みはしないから(いや、それに越したことはないけれど)、1イニングをきっちり投げきることを継続してほしい。そうしたら横山もシュルツももう少し楽になるはずだから。とにかく、四球だけはやめてほしい。スタンドのテンションもものすごく下がるんですよね。守っている野手も同じなのかもしれません。そう言えばシュルツが今日失点したのも四球がきっかけでした。

というわけで、頑張れ上野、頑張れ岸本。

そして先発の建さんには大変気の毒な試合となってしまいました。このクソ暑いデーゲームでスタミナが心配でしたが、先発としての役割をきっちり果たしてくれました。しかし1失点目はアレックスの守備に2度も足を引っ張られ・・・。まあ「アレックスの1歩目が遅い」という光景は何度か見たことがありますけれど。それよりもその次の、赤松とのお見合いは、2度とこういうことが起こらないよう連携をしっかり確認してもらいたいものです。

2失点目はまさに「市民ムラン」。その時はライトの立見に移動していたので、真上に近い場所から見ていましたが、フェンスよじのぼってグラブ出したら取れたんじゃね?というくらいのギリギリ。ちょうどあの時、ホームからの追い風が吹いてたんですよね。さらには打球が足に当たり・・・。天才東出のおかげで黒星がつかなかったことだけが不幸中の幸いでしょうか。

今日は、ヤクルトに負けたというより、青木に負けたというような気分でしたね、何故だか。実際は、決勝打を打ったのは福地なのですが。今日1日で青木のことが憎く感じるようになってしまいましたもん。

前田登場時のスタンドの盛り上がりといったら、そりゃ凄いものがありますが、しかしあの結果は切なすぎます。勿論、あれだけの声援を受けながらも期待に応えられない前田自身が一番辛いでしょう(一瞬、脳内で昨年の2000本安打達成時の挨拶が頭をよぎりました。「チームに迷惑をかけて・・・」って台詞)。前田ゲッツー時のファンの凹みっぷりもまた凄くて、次の打者の石原が気の毒に感じたほどです。ネクストに緒方がいるのが見えたので、石原にはどうにか出塁してほしかったですが。7回に森笠が代打で出た時に、「ここ緒方でもよかったんじゃないかなあ」と思ったりもしましたけれど。

来週はルイスがいない中で、今年相性の悪い中日と阪神と戦わなければなりません。どうにか3勝はしてもらいたいのですが。

そして自分の観戦成績が、ついに4連敗になってしまいました。しかも東京-福岡-広島にまたがって。一昨日のファームも入れたら5連敗です。辛い。今月末また行くかもしれないんですけれど、やめといた方がいいですかねえ?

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2008-07-07(Mon) 00:10 観戦記(広島市民球場) | TB(2) | コメント(2) | 編集 |
試合前から疲労困憊 [20080706]
20080706132850
暑い。スクワットもしていないのに既に汗だく。
そんな暑さでもカープうどんはしっかり食べましたけどねw

そしてあまりの人の多さにライスタを断念。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2008-07-06(Sun) 13:28 観戦記(広島市民球場) | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
コズの一人相撲~7/4 ソフトバンクvs広島 ヤフードーム 観戦記~ [20080705]
本日はヤフードームでナイターで開催された、ソフトバンク対広島の2軍戦を観てきました。

0704score.jpg


・・・大人しくスカパーで1軍の勝ち試合を見ておけばよかった、かな。
(でも携帯で1回のスコア見た時には思わず「えええええ」と声を上げてしまいました)

本日の先発はコズでした。1軍の先発陣が手薄な中、早く1軍に上がってもらいたい存在の1人でありますので、楽しみにしていました。

しかし、4回2失点。球数も80球近かったと思います。

その数字以上に、1軍で先発するにはまだ厳しいと感じました。その理由とは。

・1回、3者凡退で抑えたものの、全体的にやや球が高め。
・2回以降は、それを修正しようとしたためか、逆にワンバウンドが多くなる。
 (ワイルドピッチも2つかな?いや、1つはパスボールになるんだろうか)
・ランナーを出すとイライラ。テンポも悪い。
・森本に完全にモーションを盗まれて走られた。クイックに課題。

ほんと、2軍だったから2失点で済んだようなものですよ。その2失点というのも、先頭打者にストレートの四球を出して、次の打者に死球でピンチを広げたんでした。うーむ、厳しい。そう言えば、あんまりカーブを投げていなかったような気がします。

あと、2番手の森が2イニング目にランナーを2人出して、そこでコールされた3番手は佐竹。しかし四球を出して、すぐにマルテにチェンジ。何しに出てきたんだ・・・。4番手のマルテがその満塁のピンチを連続三振で抑えたので無失点に終わりましたが。

打つ方は、大田原に翻弄されて三振が多かったです。1回、先頭打者の末永がクリーンヒットで出塁したのですが、牽制に誘い出されてアウトになったのが痛かった。中盤以降やや制球が乱れてきて、ランナーも出したのですが、結局ホームにまで辿りつけませんでした。2軍戦に行くと、若鷹の投手がいつも左ばっかり投げているので、「羨ましい。1人くれ」という気持ちになってしまいます。いや、うちも人数だけはいるんですけれどね。

最終回には馬原が出てきました。大田原や陽も打てなかったのに、馬原なんて打てるわけねーじゃん、と思っていたら、喜田が2塁打を打ちました。まあ点にはなりませんでしたが。全球チェックしていた訳ではありませんが、147kmとか出ていたので、復帰も早そうです。

明日も行くつもりですが、ちょっと天気が不安になってきました。先発は篠田あたりかな?

ではちょっとばかり写真など。

⇒ 続きを読む

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2008-07-05(Sat) 00:32 広島東洋カープ | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
野球三昧(のつもり) [20080704]
明日は、仕事が終わり次第ヤフードームに駆けつけて、若鷹vs若鯉戦を見に行きます。プレイボールには間に合わないでしょうが、何故かナイトゲームなおかげで見れます。

明後日は、夕方から仕事なので、その前に雁ノ巣行こうと思います。

そして日曜日は・・・。仕事の予定だったのが休みになったので、天気も悪くなさそうなことだし、日帰りで広島に突撃する予定!飯塚も中途半端に遠いし、だったらいっそのこと広島まで行ってしまえ!と。

6月に行くつもりだったのが雨天で予定が立てられなくて。気がついたら前回の広島行きからもう3ヶ月も経ってしまいました。市民ラストイヤーだから月1ペースで行けたら、と思っていたのが。

ストレス溜まりまくりの今の自分には、生カープこそ最高のサプリメント。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2008-07-04(Fri) 00:08 雑談 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
待ち焦がれていた笑顔 [20080702]
栗原一発、故郷に錦
広島:逆転勝ち 横浜は中盤の得点機のがす
故郷に錦! 広島・栗原が同点ソロ
踏ん張った大竹=プロ野球・広島

今年のカープがこの時期まで5割近くで踏ん張っている要因の1つに、「ベンチの明るさ」を挙げる人も少なくありません。天谷、赤松、マエケンなど、今年から1軍に定着するようになった選手達の「陽」のムードが、チームの戦い方にも影響を与えているのでしょう。

そんなチームの明るさに目を細めつつも、しかし自分は「彼」に笑顔がないことが気になってしょうがなかったのです。彼が笑顔になる日が来ないことには、浮上などあり得ないと考えていました。

今日の試合終了後、「彼」の顔に笑顔がありました。久しぶりに笑顔を見ました。

今シーズンようやく3勝目。しかし1勝目も2勝目も「抑えた」とは言い難い内容。2勝目の時は険しい顔をしていたのを、周囲が肩もんだりしてもみほぐしていましたね。

携帯で速報見て、1回にいきなり失点していた時には「10日以上空けた意味がないじゃないか!」と軽く絶望的な気持ちになりました。しかし最大の悪い癖である「味方の援護直後の失点」が出なかったこと、これは褒めましょう(まあ当たり前のことと言われたらそうなのですが・・・)。

栗原が地元で活躍できたことも、永川が心配をよそにキレのあるフォークできっちり3人で抑えたことも、地味にシーボルが最近点に絡む仕事をしていることも、全部嬉しい。でも個人的には今日は、やっと大竹が笑顔を見せてくれたことが嬉しいんだなあ。やっぱり自分は大竹が大好きなんですよ。だから今年は、明るいムードの中で「蚊帳の外」っぽい感じとか、大竹が普通に勝ってれば今頃夢の貯(ryなはずなのに申し訳ない、とか、密かに結構辛いものがあったので。

(ただ今日のスポーツニュースはどこも栗原中心で大竹が映らない・・・。まあ仕方ないし、栗原&母ちゃんが嬉しそうな姿も何度見てもいいんですけれどね)

しかし5併殺とはいただけないorz 俊足を上位に固めた意味がなくなる!

5割復帰にリーチ、横浜戦、先発は長谷川。はい、コレで嫌な記憶を蘇らせてはいけないのですよ、選手の皆さん。壁を早く乗り越えましょう。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2008-07-02(Wed) 00:33 広島東洋カープ | TB(0) | コメント(0) | 編集 |


copyright © 2005 えふ all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
ブログ内検索
タグ検索
カープニュース
セリーグ順位表
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
リンク
このブログをリンクに追加する
あわせて読みたい
あわせて読みたい
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード