FC2ブログ
blog top Category Archive All title Search RSS Admin
プロフィール

えふ

Author:えふ


○生まれも育ちもまるまる九州。だけどカープファン歴12年。

○福岡県民でありながら、大の鷹アンチですので悪しからず。

○カープの選手は全員好きですが、特に今は大竹、横山、マエケンを応援しています。ストレートに力のある右の本格派が好きです。緒方と前田は別格。

○当blogのモットーは「喜べる時には喜んでおけ」。基本的に選手を見守るblogでありたいと思っております。

○基本、面倒臭がりな性格である上に、出張等多い仕事のため、更新頻度にムラのあるblogです。

○宣伝目的および誹謗中傷を含むと管理人が判断したコメント・TBは削除させていただきます。特に選手・スタッフ・球団の蔑称が入ったものは荒らしとみなし、特に悪質なものはNG設定させていただく場合がございます。ご了承下さい。

○試合のない日やネタがない時は、飯ネタ(主に辛い物)が入ることがございます。

○リンクは基本的に自由ですが、リンクの際には一言コメントいただけると管理人として嬉しく思います。

※JUGEM時代の旧blogはこちら

ブログパーツ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

M o n t h A r c h i v e
前の月(07月)2008年08月のアーカイブ次の月(09月)

  • なかなか掴めない竜の尻尾 - No139 at 2008年08月31日  (Sun)  23:49:02
    └ 最近のカープを見ていると、ふとこんな懐かしい歌を思い出してしまいました。♪追いかけて~ 追いかけて~も~ 掴めな~い ものば~かりさ~ 愛して~ 愛して~も~ 近づく~ ほど見~えない~♪・・・年がバレますね(汗)(元ネタがわからない方はこちらをご覧あれ)とまあ、何だか中国新聞の小西記者のような歌ネタで始まってしまいましたが。しかし竜の尻尾も5割のラインも、つかめそうで中々つかめない、このもどかしさ...
    ... ⇒全文  [広島東洋カープ]

  • 大竹一門がカープを救う? - No138 at 2008年08月31日  (Sun)  00:09:35
    └ 鬼門のナゴヤドーム。相手の先発は7連勝中、通算203勝の昌さん。こちらは今季初先発、プロまだ1勝の齋藤。・・・これでカープが勝っちゃうんだから、勝負とはわからない。広島・斉藤5回無失点!2年ぶりの白星広島:「赤いハンカチ王子」に嬉しい通算2勝目…斉藤悠葵最近は忙しかったり、体調が悪かったりですっかり更新も御無沙汰になっていましたが、齋藤の勝利が嬉しかったので更新。今録画してた分を見ていますが、明らかなボ...
    ... ⇒全文  [広島東洋カープ]

  • 酷い結末 - No137 at 2008年08月23日  (Sat)  20:40:55
    └ 今日の試合内容も酷かったけれど、カメラワークも酷かったな。というわけで、全てが終わった今、初めて「星野JAPAN」について感じていたことを思いっきりぶちまけます。これまでもぶちまけたい気分に何度もなりましたが、全てが終わるまで黙っておこうと決めていましたので。...
    ... ⇒全文  [野球全般]

  • Wの難しい選択 - No136 at 2008年08月18日  (Mon)  23:39:11
    └ 広島シーボルが2軍落ちあああ、やっぱりそうか・・・。読売3連戦が始まる前までは、シュルツかなあと思っていました。しかし読売相手に2つ勝ったのは、シュルツの好投が大きかった。それに横竜が再度抹消された今、これ以上頼れる中継ぎを減らす訳にもいかない。夏場で、しかも先発が早めに降板することが多い中、シュルツとブラウワーには連投やイニングまたぎを任せやすい。1番代えがききやすいのは、実は外野手であるアレック...
    ... ⇒全文  [広島東洋カープ]

  • 外国人枠が足りません - No135 at 2008年08月16日  (Sat)  00:22:09
    └ 序盤を見ていたら、最終的にはどんなスコアになるのかと思っていたら、終わってみたら割と普通のスコア。<広島>先発全員安打で3連勝 巨人・木佐貫は制球甘く広島の外国人救援陣が活躍連勝の勢いがあって、相手は相性のいい読売で、しかも先発は読売戦に抜群の相性を誇る建さん。幸先よく栗原のタイムリーで1回に先制し、「こりゃ今日はいけるでしょう」と珍しく甘い考えになったのが間違いだった。中8日も空けたし、涼しいドー...
    ... ⇒全文  [広島東洋カープ]



  • 連続無失点記録途絶える - No132 at 2008年08月12日  (Tue)  23:25:16
    └ 通勤時間が長いんですが、帰宅途中に電車乗る前にスコア見て、「今日はダメか・・・」と思って、で電車降りてからまたチェックしたら「うおっ、逆転してる!(or追いついてる!)」ということが多い最近のカープ。だから今日は、電車乗る前2-4でしたけれど、「これくらいの点差なら絶対逆転してくれるだろう」という確信を持っていました。その確信は半分だけ当たりました。栗原の同点HRまでは思い通りだったのですが・・・。まさか、...
    ... ⇒全文  [広島東洋カープ]

  • ドームに響き渡る宮島さん - No131 at 2008年08月09日  (Sat)  22:25:50
    └ 今日のスコアボードは、2進法で表示されていたんですか?星野ジャパン、セ選抜に11失点惨敗…ていうか、セリーグ選抜が普通にいいチームだったと思うのです。打線も守備も適材適所。まあそれが普通のことであるはずなんですけれどね。しかしカープファン的には笑いが止まらない1日でした。オールスターよりも断然楽しかった。11得点のうち、栗原石原東出の3人で7打点。あのイニングは、オールスター第2戦での成瀬大炎上を思い出さ...
    ... ⇒全文  [野球全般]

  • 中継ぎと抑えの差 - No130 at 2008年08月08日  (Fri)  00:09:27
    └ 3連勝中と3連敗中。しかし本日の先発は、阪神戦3連敗中の宮崎と、広島戦3連勝中の下柳。圧倒的不利です。「宮崎がどうにか5回3失点くらいで凌いでくれたら、下柳も6回か7回までしか持たないだろうから、リリーフ陣を打てば勝てるかも・・・」という皮算用を試合前にしていまして、まあ大体そんな感じの展開で実際に勝ちました。今日は遅くまで残業していて、その合間に試合経過をチェックしていましたが、「四球」の文字ばかり並ぶ阪...
    ... ⇒全文  [広島東洋カープ]

  • 点差以上の・・・? - No129 at 2008年08月05日  (Tue)  23:48:53
    └ 安打数を考えると、「点差以上の完勝」。だけど、”点差以上”じゃなくて、普通に大きな点差で勝たないといけない!満塁が4回もあったのに、うち3回で無得点。残塁14。6回表なんて、2ベースを含む4安打に四球1つでわずか1得点ですからね。最近失点が多い久保田相手に4点取れたからよかったようなものの、JFKが万全だったら危なかった。そんな拙攻やミスにつけ込まれることを許さなかったマエケンはエライ!前回の甲子園でも好投でし...
    ... ⇒全文  [広島東洋カープ]

  • カープの洗礼 - No128 at 2008年08月04日  (Mon)  00:06:19
    └ 「まきの」と聞くと「うどん」がすぐ頭に浮かぶ、福岡県民のえふです、こんばんは。・・・すいません、いきなりローカルなネタで。そうなのです、後半戦の開幕投手が、何と牧野だったのです。建さんと大竹はオールスターで投げちゃったし、マエケンはまだ登録できないし、コズは抹消しちゃったし、こりゃ宮崎くらいしか選択肢がないな、と思っていたら、牧野だったのです。びっくりです。まあ、確かに、自らのバント失敗と、その直...
    ... ⇒全文  [広島東洋カープ]
なかなか掴めない竜の尻尾 [20080831]
最近のカープを見ていると、ふとこんな懐かしい歌を思い出してしまいました。

♪追いかけて~ 追いかけて~も~ 掴めな~い ものば~かりさ~
 愛して~ 愛して~も~ 近づく~ ほど見~えない~♪

・・・年がバレますね(汗)

(元ネタがわからない方はこちらをご覧あれ)

とまあ、何だか中国新聞の小西記者のような歌ネタで始まってしまいましたが。しかし竜の尻尾も5割のラインも、つかめそうで中々つかめない、このもどかしさ。

若いマエケンの勢いと勝ち運に託した、中日戦の勝ち越しの夢は、初回からいとも簡単に崩されてしまいました。

「こんなことだったらルイスを中4日で投げさせておけば・・・」と結果論で語るのは簡単。だけど復帰したばかりで本当に中4日でいけるかどうかも不透明ですし。それに中日戦は2戦勝ちなしと相性もよくありませんし(まあ1敗は来日初先発のボーク祭りでしたし、もう1試合は1失点だったけれどドロー。しかも2試合ともカープが大の苦手とする朝倉)。

それよりも、プロ初先発の清水に6回まで無失点に抑えられるというのが・・・。まあ初物に弱いカープですから(でも「初物に弱い」と言われているチームってたくさんありそうな気がします。読売とかもそうですし)、あまり点を取れないということは覚悟はしていましたが、それにしても。昨日といい今日といい、お互いに、初回の入り方で試合を決めてしまいました。

得点圏打率が1割台だったウッズが、今日の試合をきっかけに目覚めてしまったら、これから3位争いする上で困ったことになってしまいますね。

まあ、もう今年は鬼門だったナゴドで試合をすることもありませんし。9月は市民球場の試合が多くて、しかもラストということで常に満員に近い状態で試合ができます。ファンのパワーも借りて、どうにか掴んで、そして手放さないようにしてもらいたいものです。

・・・早く9月のシフトが決定してくれないかなあ(27、28日はどう考えても無理っぽい)。

そして明日はファイナルシーズングッズ発売日。切手が欲しい。ベース買う金は無いorz
スポンサーサイト





ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2008-08-31(Sun) 23:49 広島東洋カープ | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
大竹一門がカープを救う? [20080831]
鬼門のナゴヤドーム。
相手の先発は7連勝中、通算203勝の昌さん。こちらは今季初先発、プロまだ1勝の齋藤。

・・・これでカープが勝っちゃうんだから、勝負とはわからない。

広島・斉藤5回無失点!2年ぶりの白星
広島:「赤いハンカチ王子」に嬉しい通算2勝目…斉藤悠葵


最近は忙しかったり、体調が悪かったりですっかり更新も御無沙汰になっていましたが、齋藤の勝利が嬉しかったので更新。

今録画してた分を見ていますが、明らかなボール球で不利なカウントが先行することが相変わらず多かったですね。ですが、1回に四球を出さなかったというのは大きかったでしょうね。特にノースリーから見逃し三振を取った荒木の打席。0-2とか0-3とかから落ち着いてストライクを取れるのは成長したなあ、と。今年は2軍で見る機会はありませんでしたが、昨年は3度見て、実に簡単に四球を出していましたから(ウッズの時の叩きつけるようなワンバウンドは、その頃の姿を思い出させましたが)。明るく熱いマエケンとは対照的な、若者らしいクールなマウンド。ヒーローインタビューはかわいらしさがありましたけれど。

大竹は最近ゲームを作れるようになってきたし、マエケンは5勝目だし、昨日白星にはならなかったけれど篠田も好投したし。そして今日の齋藤。大竹一門、ここへきてようやく揃い踏み。経験の無さなど気にしない!近年のカープでは未知の領域へと進んでいくためには、恐れを知らない若い選手達の力の方が有効なのかも。このまま固定できれば左右のバランスもいいですしね。

明日は中5日のマエケンか中4日のルイス、どちらでしょうか。ちなみに中日は明日谷間の模様。川上は練習を再開したばかりだとか。まあどっちみち川上は極力カープ戦を避けてきますけれど。でも谷間にコロッとやられちゃうのがカープなので。このいい流れを切らないように!



ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2008-08-31(Sun) 00:09 広島東洋カープ | TB(0) | コメント(2) | 編集 |
酷い結末 [20080823]
今日の試合内容も酷かったけれど、カメラワークも酷かったな。

というわけで、全てが終わった今、初めて「星野JAPAN」について感じていたことを思いっきりぶちまけます。これまでもぶちまけたい気分に何度もなりましたが、全てが終わるまで黙っておこうと決めていましたので。

⇒ 続きを読む

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2008-08-23(Sat) 20:40 野球全般 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
Wの難しい選択 [20080818]
広島シーボルが2軍落ち

あああ、やっぱりそうか・・・。

読売3連戦が始まる前までは、シュルツかなあと思っていました。しかし読売相手に2つ勝ったのは、シュルツの好投が大きかった。それに横竜が再度抹消された今、これ以上頼れる中継ぎを減らす訳にもいかない。夏場で、しかも先発が早めに降板することが多い中、シュルツとブラウワーには連投やイニングまたぎを任せやすい。

1番代えがききやすいのは、実は外野手であるアレックスなのかもしれない。しかし他にクリーンアップを任せられる打者はいない。3割打者が並んだ今の好調な上位打線の並びを崩すと、チーム全体の調子にも影響しかねない。

となると、消去法でシーボルしかないんだなあ。

うーん、最近、シーボルの不思議な魅力の虜になりつつあっただけに、残念ですねえ。13日の試合でのものすごい当たりの逆転ホームランには大興奮しましたし、人柄の溢れたヒーローインタビューもよかったし、守備でも好プレー連発。勝利に貢献する働きが多いと、いつもの「内角の球に大袈裟に腰を引いての見逃し三振」でさえ、「出たっ!」と笑えてしまう。以前はひたすら腹が立っただけでしたが。

しかし、シーボルレベルを抹消できるだなんて、他球団と比較すると非常に贅沢なことですよ。ほんと、枠が許されるならば、コズも上げて先発させたいくらいですもん。やはりこれは、誰か帰化させなければ。改めて、シュールストロム駐米スカウトに感謝、感謝。

さて、(最近)不動のサードがいなくなった今、誰がサードのポジションに入るのか。

これを考える際には、「守備を重視するか(≒攻撃を犠牲にするか)」、それとも「攻撃を重視するか(≒守備を犠牲にするか)」の選択を迫られます。

前者を選択する場合、三遊間は小窪と昇吾。しかし昇吾の打率は大竹以下だし(ていうか大竹打率高い!14日にふとスコアボード見た時に.200とか出ていてビビった)、小窪も読売3連戦でわずか1安打&4三振でお疲れ気味?7番小窪8番昇吾9番投手とかなると、下位に自動アウトが揃ってしまいます。まあその前に上位打線で点入れば問題ありませんが。

後者を選択するならば、キダゴー?しかし最近そんなに代打で出ている訳でもありませんし。思い切って2軍から、本職っぽい田中を上げるという手もありますが、守備の方はどんな感じなんでしょう。

皆様はどちらがベターだと考えますか?

自分なら、確かに迷いますが、前者かな。というのも、最近の好調に関して中継ぎ陣の働きがクローズアップされることが多いですが、守備のよさも忘れてはいけません。シーボルも小窪も東出も栗原も、そして外野も、ナイスプレーが多い。7連敗の頃は守備の乱れから決定的な点を許していましたよね。守備が安定しているからこそ、中継ぎ陣だって安心して投げられると思います(じゃあ先発陣は何なんだって話になりますが・・・)。だからこそ、守備が崩れるというのが怖いんです。

まあ、小窪や昇吾がバカスカ打ってくれたり、キダゴーがファインプレー連発してくれたら、何の問題もないんですけれどね(笑)

そして、梵に早く本来の姿を取り戻してほしいと、しみじみ思う・・・。

最後に。

広島ブラウン監督の母死去、19日帰国

家族を大事にするアメリカ人なら、何を差し置いてでも家族の元に行きそうなものを、最期の時に立ち会うこともなく、カープのために残ってくれていただなんて・・・。選手達もそれを意気に感じて、より一層頑張ってもらわないといけませんね。マーティーがアメリカに戻っている間は、ゆっくりとお別れができるよう、カープのことで心配をかけないように。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2008-08-18(Mon) 23:39 広島東洋カープ | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
外国人枠が足りません [20080816]
序盤を見ていたら、最終的にはどんなスコアになるのかと思っていたら、終わってみたら割と普通のスコア。

<広島>先発全員安打で3連勝 巨人・木佐貫は制球甘く
広島の外国人救援陣が活躍


連勝の勢いがあって、相手は相性のいい読売で、しかも先発は読売戦に抜群の相性を誇る建さん。幸先よく栗原のタイムリーで1回に先制し、「こりゃ今日はいけるでしょう」と珍しく甘い考えになったのが間違いだった。中8日も空けたし、涼しいドームだから、調子が悪い建さんは予想していませんでした。読売も、同じ投手にばかりやられている訳にはいかないでしょうから、対策も練っていたでしょうし。だけど相手先発の木佐貫も乱調だったのが助かった。フォークばっかり投げてて、「お前は永川か!」とツッコみました(同じ大学の同級生ですしね)。

まあでも、先発が3回で降板なんてことは、最近のカープには慣れっこ(いいのか?)。それでも勝てるのが今のカープ。おまけに今日はリードしてるんですから。それでいて、使った投手は5人。横山も梅津も岸本も宮崎も使っていません。マシンガン継投ではないのです。これも昨日大竹が完封してくれたお陰ですね。

さて、昼に「直生」を見ていたら、ウォームアップする選手の輪の中にルイスの姿がありました。昨日のファームでの先発予定が雨で流れてしまいましたが(見たかったのに。まあ夜中に目が覚めるほどの豪雨でしたから無理だろうなあとは思っていましたが)、1軍のマウンドに戻って来る日は近いということです。

・・・で、一体誰を落とせばいいというのですか!

1番その可能性が高いかと思っていたシュルツが今日こんなにいい働きしちゃったし。ブラウワーの力強い投球も外せないし(一昨日内野で見ていましたが、速くてそして「重い」球でものすごく迫力がありました)。アレックスなしでは打線の迫力も半減してしまうし。シーボルは今日も勝利打点で、チームの勝ちにつながる貴重な打点を挙げてくれるし(昨日ライトスタンドで応援していた時も、シーボルですごく盛り上がっていました。ちょっと前だと考えられない光景)。じゃあいっそのことルイスを上げないという選択肢を、という訳にもいきませんもんね。先発は不足していますから。

2・3日で日本に帰化させられるウルトラCの技があったら教えてほしいくらいです。

しかしルイスが抹消された時には、どうやって凌ぐのか不安で、7連敗の時にはルイスが戻ってくるまでもう勝てないような気持ちになっていましたが、いつの間にやらルイスがいなくても普通に勝てるチームになってしまいました。いや、普通の勝ちじゃないか。先発は持っていないから。いやでも、ブラウワー獲得は大ヒットでしたね。マクレーンに走らなくてよかったかも。

そして気がつけばついに、借金1まで戻ってきました。7連敗中は、「5割の壁と戦っていた頃は楽しかったな。もう戦うこともないんだろうな」と思っていましたが、ここまで立て直してきました。明日の先発が久々の篠田というのと、今日は先発全員安打だったとはいえ後半に相手の中継ぎ陣を全く打てなかったのが不安ですが、勢いで壁をぶち破ってもらいたい!

そして3位中日とも1ゲーム差に迫ってきましたが、後ろに1ゲーム差で離れないヤクルトが正直不気味だ・・・。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2008-08-16(Sat) 00:22 広島東洋カープ | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
大竹が黒田に見えた~8/14 広島vs中日 広島市民球場 観戦記~ [20080814]
20080814213851


まさか大竹の完封を目の前で見れるだなんて・・・。大竹オタの自分の目は、軽く潤んでしまいました。

地球に生まれてよかったーーー!!!

このまま朝まで飲み明かしたい気分です。いや、今新幹線に乗るために広島駅に向かってるとこですけれど。

しかし本当に楽しい遠征になりました。幸せです。

ちゃんとした観戦記は明日書きます。

---

というわけで、昨日の試合の録画を再生しながら、観戦記を。大竹、本当にいい表情しているなあ。

いやあ、本当に大竹がよかった。彼のこれまでのプロ生活の中でも、3本の指に入る出来じゃないですか?外野という遠い場所から見ていても、ストレートの伸びが素晴らしくて。先日のセリーグ選抜での投球での好投そのままに。あと、セットからフィニッシュまでの一連の投球の動作が、非常に滑らかだなあとも感じました。もともとその投球フォームの美しさには定評のあった大竹ですが、昨日は特に綺麗だなと感心しながら見ていました。内野ゴロを多く打たせて、尻上がりに調子を上げる投球に、昨年までの黒田先発の試合を見ていた時の感覚が蘇ってきました。

9回表のマウンドに上がる大竹をファンがスタオベで迎えて、試合終了まで続く大きな「大竹!大竹!」のコール。そういうコールが起こったこと、そしてそれに参加できたことが本当に嬉しかったです。大竹といえば、すぐにカウント悪くして四球出したりして、ファンの苛立ちや溜息を招くことが多い。しかしこの日はファンがそういう反応する場面がほとんどありませんでした。「エースの投球」を信頼して見守っている、という雰囲気でしたよ。

試合とは直接関係ないですが、球場前で配布されている「ホームラン」に選手人気投票があって、それに大竹が5位にランクインしてたんですね。正直ちょっと意外で。だって「17」のユニ着てるファンとかそんなにいないですし(自分だってこれだけ熱く語っている割には、持ってるだけで着てはいないですけど(汗))、期待を裏切る投球が多いから。だけどいくら裏切られても、やっぱりみんなエースとして期待し続けているんですよね。期待しているからこそ、結果が出なかった時の落胆が余計に大きくなるわけで。

しかし「大竹」「好投」とくると、それにつきまといやすいのが「無援護」。はい、昨日もそれが炸裂するのではないかと心配していました。中日の先発は、佐藤充とか小笠原とかの予想があった中で、川井。先発が発表された時にはキョトーンとしてしまいました。「えーっと、どういう投手だったっけ?まあ昨日だって中田打てたし、大丈夫やろ」なんて高を括っていたら、こちらも出来がよくて、内野ゴロ合戦に。「0-1完封負け」の不安が、4回くらいから頭を離れませんでした。

ですが、6回に赤松の2ランとシーボルの犠牲フライで3点という援護点が入ります。だけど、セカンドが普通に荒木だったらどうだったんでしょうね。エラーもそうですが、そもそものきっかけとなった東出の当たりも、荒木だったらうまく捌いていたのかも。デラロサだけでなく、昨日も今日も全体的に守備のミスが多いですよね(井端は相変わらず上手いと感心しましたが)。昨日は中継ぎの差が出て、今日は守備の差が出た。五輪というアドバンテージがあるとはいえ、中日相手に中継ぎや守備で上回るという響き、そしてそれがたまたまではないことに、このチームの変化をしみじみと実感。

赤松は、ホームランも素晴らしかったですが、個人的には4点目を叩きだした3ベースの方がしびれました。1塁を過ぎた後、グンと加速して風のように2塁ベースを駆け抜けていく姿は爽快。あまりにも余裕で3塁に到達したので、「もうホームまで帰っちゃえよ!」なんて思ってしまいました。

一昨日は牧野5失点の悪い流れをリリーフ陣が断ち切って勝利を呼び、そのいい流れに乗った大竹が完封で、リリーフ陣の負担を軽減した。リードされても追いついてくれる攻撃陣に、投球を助けるナイスな守備。素晴らしくALL-INな2試合を堪能させていただきました。ごちそうさまでした。

今日からは相性のいい読売戦。勝ち越しは絶対!できれば3タテ!

※余談ですが、昨日試合が終わった後、コインロッカーから荷物出して信号待ちしていたら、突然見ず知らずのおじさんから突然「今日カープは勝った?」と聞かれました。「勝ちましたよ!大竹完封しましたよ!」と教えてあげたらとても喜んでくれました。広島人になれたような気がしました。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2008-08-14(Thu) 21:38 観戦記(広島市民球場) | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
勝利の立役者はあなた達です~8/13 広島vs中日 広島市民球場 観戦記~ [20080814]
20080814002724
最近のカープは点差をつけられても接戦にできる。終盤に強い。

今日の試合を内野席から見ていて、その理由がわかった気がしました。

1点返しただけなのに、まるで追い付いたかのようなムード。相手の投手を飲み込んでしまうかのような雰囲気。

ファンの大声援が、チームをその気にさせているように感じたのです。そういうゲームがあったから、ファンもその気になって応援しているのかもしれません。いずれにせよ、ファンとチームが素晴らしい相互作用をしているな、と思わせてくれた試合でした。その中の1人として参加できたことを非常に嬉しく思います。

・・・で、今日の先発って誰でしたっけ?

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2008-08-14(Thu) 00:27 観戦記(広島市民球場) | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
連続無失点記録途絶える [20080812]
通勤時間が長いんですが、帰宅途中に電車乗る前にスコア見て、「今日はダメか・・・」と思って、で電車降りてからまたチェックしたら「うおっ、逆転してる!(or追いついてる!)」ということが多い最近のカープ。

だから今日は、電車乗る前2-4でしたけれど、「これくらいの点差なら絶対逆転してくれるだろう」という確信を持っていました。その確信は半分だけ当たりました。栗原の同点HRまでは思い通りだったのですが・・・。

まさか、まさか横竜が被弾するだなんてorz 無失点記録なんていつかは途絶えるものですが、しかしこういう形で途切れるとは悔しすぎる。まあ、横竜が打たれて負けたんだからしょうがない、という気持ちもありますが。

今日はマエケンが3回途中でKOという大誤算がありましたから、その後よくそれ以上の失点を許さず持ち堪えたとは思います。でもこの夏場にこんな戦いばかり続けていてはいけません。先週の好投からどうしちゃったんでしょう、マエケン。制球がウリなのに、1イニング4四球なんて。

それに比べて、このクソ暑い広島で8回投げ切った昌さんは、敵ながらあっぱれ。どうせうちの打線が助けた部分もあるのでしょうが・・・。しかし恐るべき43歳。

そんな昌さんから、4番らしい1振りで同点HRを放った栗原、あのホームラン自体にも、球場の雰囲気にもしびれたけれど、ベンチに戻ってきた時に「よっしゃー!」と言いながら緒方とハイタッチしていた、あの2ショットがたまならくて、そこだけ何度も繰り返し再生してしまいました(アホ)。

さて、明日と明後日は現地観戦。まだ荷造りしていません。

とりあえず、ビョン様にこれ以上打たれないようにしてくれ~!(イ・ビョンギュって、カープ戦だけやたらと活躍するような気がする・・・)

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2008-08-12(Tue) 23:25 広島東洋カープ | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
ドームに響き渡る宮島さん [20080809]
今日のスコアボードは、2進法で表示されていたんですか?

星野ジャパン、セ選抜に11失点惨敗…

ていうか、セリーグ選抜が普通にいいチームだったと思うのです。打線も守備も適材適所。まあそれが普通のことであるはずなんですけれどね。

しかしカープファン的には笑いが止まらない1日でした。オールスターよりも断然楽しかった。11得点のうち、栗原石原東出の3人で7打点。あのイニングは、オールスター第2戦での成瀬大炎上を思い出させましたが(西岡のまずい守備で絡んでいるというところも一緒)、その時は空気を読んで?凡退した石原までが打点を挙げたのには笑いました。カープから誰も選ばれなかったので、意地を見せたということでしょうか。いや、栗原に関しては、ネット裏に大リーグのスカウトがいたから燃えたとか、そういうことでなければよいけれど(苦笑)それにしても、シーズン中でもなかなかお目にかかれないような、素晴らしい1発でした。

そしてオールスターの時は、勝ち投手の権利を有しながら久保田に消された大竹ですが、今日は大量援護もあって白星ゲット。まあ投球自体もよかったですしね。ノビノビとしたフォームで、ストレートもノビノビ。でもこんなところで運使って、試合ではまた…とかなりそうで怖い。

それよりも何よりも、代表に覇気がないというか。まあプレッシャーのないセリーグ代表と比べるのは間違いなのでしょうが(それにしても非常に楽しそうでした)、やはり怪我人や不調の選手も多いせいか、疲れている印象しか残りませんでした。

今回の代表に関しては、今はあれこれと語りたくありません。しかし、セカンド西岡はやめて、本職で名手の荒木に守らせよ、とだけはどうしても言いたい。言っても無駄だとはわかっていますが。

4連勝中なのに試合の間隔が空くことで、勢いが止まることを懸念していましたけれど、今日の試合見てると大丈夫かな、と思えてきました。とりあえず明日はみんな楽しく焼肉食べて、英気を養ってください。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2008-08-09(Sat) 22:25 野球全般 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
中継ぎと抑えの差 [20080808]
3連勝中と3連敗中。しかし本日の先発は、阪神戦3連敗中の宮崎と、広島戦3連勝中の下柳。圧倒的不利です。

「宮崎がどうにか5回3失点くらいで凌いでくれたら、下柳も6回か7回までしか持たないだろうから、リリーフ陣を打てば勝てるかも・・・」

という皮算用を試合前にしていまして、まあ大体そんな感じの展開で実際に勝ちました。

今日は遅くまで残業していて、その合間に試合経過をチェックしていましたが、「四球」の文字ばかり並ぶ阪神の攻撃に、文字だけなのに苛立ちを覚えました。そしたら連続HRでしょう。よく3点で済んだものだ。

しかし、このカードでカープが3タテできたのは、ズバリ「後ろの差」ですよね!横竜復帰とブラウワー加入で後ろの厚みを増し、勢いを取り戻したカープ。一方、藤川を五輪で欠いただけでなく、久保田が乱調で1戦目を落とし、翌日に抹消された阪神は、7連敗中のカープに近いものがあります。今の阪神には、首位を独走しているチームという感じがしなかったですよね(って、試合ほとんど見れなかったくせに)。前回甲子園で対戦した時には、接戦続きでしたが、それを落とさないのがやっぱり首位だなあ、という感じがしたのですが。

7連敗のショックもすっかり忘れさせてくれる最近の好調っぷりですが、少々気になるのが、一昨日といい今日といい、東出がチャンスで打てなかったこと。まあ月曜日には猛打賞&スクイズでしたから、そんなに気にしなくてもいいのかもしれませんが。でも首位打者どころか、栗原に抜かれてしまいそう…。というより、栗原が打率4位&最多安打というのがむしろ驚き。どうしても、チャンスで打てなかった記憶ばかりが残ってしまいますからね。

お盆休みを利用して、13日と14日の試合を見に行きます。せっかく勢いがあるのに間隔が空いてしまうのは残念ですが、いい気分を切らさずに、おいらの前でナイスゲームを見せてほしいです。あと3ゲーム、一気に詰めるチャンスですし。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2008-08-08(Fri) 00:09 広島東洋カープ | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
点差以上の・・・? [20080805]
安打数を考えると、「点差以上の完勝」。だけど、”点差以上”じゃなくて、普通に大きな点差で勝たないといけない!

満塁が4回もあったのに、うち3回で無得点。残塁14。6回表なんて、2ベースを含む4安打に四球1つでわずか1得点ですからね。最近失点が多い久保田相手に4点取れたからよかったようなものの、JFKが万全だったら危なかった。

そんな拙攻やミスにつけ込まれることを許さなかったマエケンはエライ!前回の甲子園でも好投でしたし、地元関西で気合いが入るのか、はたまた阪神には相性がよいタイプなのか(昨年は大きな変化球の投手に弱かったですからね、阪神)。1か月という間は開いてしまいましたが、そのまま迷路に入ってしまう他の投手とは違って、きっちり修正して結果を残せるマエケンの能力はさすがです。来週、お盆休みを広島で過ごすので、逞しくなった姿を是非生で観たいです。

しかし、大分体つきも変わってきたように思っていましたが、半袖だとやはり華奢なのが目立ちますね。

某地方新聞のK記者が、マエケンを6回で降ろしたこと&この点差で横竜出したことで、またネチネチと監督批判しそうだ・・・。御膝元のマンセー報道は嫌ですが、御膝元なのにネガ報道はもっと嫌だorz

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2008-08-05(Tue) 23:48 広島東洋カープ | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
カープの洗礼 [20080804]
「まきの」と聞くと「うどん」がすぐ頭に浮かぶ、福岡県民のえふです、こんばんは。

・・・すいません、いきなりローカルなネタで。

そうなのです、後半戦の開幕投手が、何と牧野だったのです。建さんと大竹はオールスターで投げちゃったし、マエケンはまだ登録できないし、コズは抹消しちゃったし、こりゃ宮崎くらいしか選択肢がないな、と思っていたら、牧野だったのです。びっくりです。

まあ、確かに、自らのバント失敗と、その直後のバント処理で大暴投で失点、はいただけなかったけれど。だけど4回までは、毎回ランナー出しつつもよく粘っていましたよね。先発が本業のくせして、2回とか3回で4・5点取られちゃうような投手がいることを考えれば、1年4か月ぶりの先発にしてはよくやった…って、ハードル低すぎですか?

それよりも問題は、1点も取れなかった攻撃陣でしょう。今日の川島相手に無得点とか、あり得ない。四球2つでもらったノーアウト1・2塁で無得点だった時には、絶望感を味わいました。前半戦最終戦といい今日といい、チャンスはありながら点が取れない試合が2つ続いてしまったのは大問題。

相手チームの新入りには初勝利をプレゼントし、自チームの新入りには無援護で手厳しく。牧野よ、こんなチームメイトとこれから一緒にやっていかないといけないんで、よろしく。でも楽天も、初○○とか○○日ぶりとかに弱いチームとか、ノムさんが言っていたな。綺麗になった長谷川が勝った時に。

「打線がつながりを見せて快勝」というゲームが見たいですねえ。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2008-08-04(Mon) 00:06 広島東洋カープ | TB(0) | コメント(0) | 編集 |


copyright © 2005 えふ all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
ブログ内検索
タグ検索
カープニュース
セリーグ順位表
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
リンク
このブログをリンクに追加する
あわせて読みたい
あわせて読みたい
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード