FC2ブログ
blog top Category Archive All title Search RSS Admin
プロフィール

えふ

Author:えふ


○生まれも育ちもまるまる九州。だけどカープファン歴12年。

○福岡県民でありながら、大の鷹アンチですので悪しからず。

○カープの選手は全員好きですが、特に今は大竹、横山、マエケンを応援しています。ストレートに力のある右の本格派が好きです。緒方と前田は別格。

○当blogのモットーは「喜べる時には喜んでおけ」。基本的に選手を見守るblogでありたいと思っております。

○基本、面倒臭がりな性格である上に、出張等多い仕事のため、更新頻度にムラのあるblogです。

○宣伝目的および誹謗中傷を含むと管理人が判断したコメント・TBは削除させていただきます。特に選手・スタッフ・球団の蔑称が入ったものは荒らしとみなし、特に悪質なものはNG設定させていただく場合がございます。ご了承下さい。

○試合のない日やネタがない時は、飯ネタ(主に辛い物)が入ることがございます。

○リンクは基本的に自由ですが、リンクの際には一言コメントいただけると管理人として嬉しく思います。

※JUGEM時代の旧blogはこちら

ブログパーツ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

M o n t h A r c h i v e
前の月(04月)2009年05月のアーカイブ次の月(06月)

  • 連勝さえ止まらなければいい - No248 at 2009年05月31日  (Sun)  18:22:42
    └ 杜の都・仙台は、エース受難の地。2006年は防御率トップだった黒田が9失点と大炎上し、昨年は建さんが8失点。今年、この地に大竹が「エース」として挑みました。現在防御率がセリーグトップ、38イニング無失点という記録を継続中。しかも、土地の相性だけでなく、相手投手が岩隈です。昨年、パリーグのエース級を軒並みなぎ倒していったルイスが、最後の最後で倒せなかった、パリーグのラスボス。前回の読売戦で打たれていたとはい...
    ... ⇒全文  [広島東洋カープ]

  • Night is over - No247 at 2009年05月28日  (Thu)  00:30:45
    └ マエケン戻った笑顔 46日ぶり白星広島・前田健、トンネル抜けた3勝目!広島、打線につながり…喜田が勝ち越し打前回の記事で、「完全に這い上がるためには、まだ1つ大事なものが足りないんです」と書きましたが、その”大事なもの”というのは、マエケンの白星を意味していました。大竹が”神竹”状態で、何と3つ勝ち越しているのですが、その分マエケンが3つ負け越して食いつぶしていたんですよね。それではやはり、チーム全体で貯金...
    ... ⇒全文  [広島東洋カープ]

  • 記録は続くよどこまでも - No246 at 2009年05月26日  (Tue)  00:26:08
    └ 昨年の6月末から負け知らずだった西武・岸の連勝記録は止まりました。しかし、大竹の無失点イニングは止まりません。広島・大竹、連続無失点を38回に伸ばす!広島・栗原、お目覚め2試合連発で大竹を援護! 広島、機動力で西武・岸に黒星付けるここまできたら、もう何が起こっても驚かない。今年のオフに、女優さんとできちゃった結婚とか発表したとしても驚かない。・・・いや、さすがにそれは驚くか。前回登板と同じく、今日も...
    ... ⇒全文  [広島東洋カープ]

  • 1週間遅れの援護 - No245 at 2009年05月24日  (Sun)  23:22:32
    └ 昨日の洗濯効果が早速。【広島】栗原が2回勝ち越し5号2ラン永川、淡々と球団新=プロ野球いや、今日の勝ちはでかいはずですよ。連敗を3で止めた、栗原久々のHR、小松プロ初勝利、永川球団セーブ記録とか色々あるけれど、1番でかいのが「負け試合の流れを逆転して勝ち試合にした」ということ。昨日の2試合でもそういった兆候はありましたが、しかし逆転まではいきませんでした。今日も1回表にいきなりルーキーの小松が4失点。こ...
    ... ⇒全文  [広島東洋カープ]




  • 第2の開幕戦 - No241 at 2009年05月20日  (Wed)  00:38:56
    └ 交流戦5年目にして、初の開幕戦勝利。貧打にあえぎ、チームの状態がよくない中、「第2の開幕戦」である今日の試合を大勝し、これからの戦いを新たな気持ちで迎えることができそうなのは嬉しいです。ファンとしても、少し気持ちがリセットできたような気がします。ヤフド参戦へのモチベーションがちょっと上がりました(笑)ただ、全てのカープファンが今思っていることは、きっと同じ。明日以降にとっておけ。9点もあったら、3点ず...
    ... ⇒全文  [広島東洋カープ]

  • ないものねだり - No240 at 2009年05月16日  (Sat)  22:12:13
    └ 最近しみじみと思うんですけれど・・・。森笠ってカープに残っていた方が出番あったよな。Yahoo!で成績見たら、出場試合数13で打席13。ということは全部代打での出場。カープにいたら、何試合かはスタメンで出れたはず。だって今日なんて、東出をライトで先発させないといけないくらいの惨状だし。まあ長期の離脱者は予想していなかったことですし、貧打も想像以上(シーズン前からある程度覚悟はしていましたが)でしたので、「残...
    ... ⇒全文  [広島東洋カープ]

  • 防御率だけは素晴らしい - No239 at 2009年05月14日  (Thu)  00:31:18
    └ 見て下さいよ、この数字。パリーグのチームは全て、横浜より防御率悪いですから(それも凄い話だ)、カープが12球団ナンバーワンということになります。この時期に2点台なんて凄いですね。さぞかし強いんでしょうね、このチーム。・・・通常、順位とチーム防御率との相関係数は高いと思うのですが、チーム打率があまりに悪すぎるとその関係性も崩れるということです。リーグで8人しかいない3割バッターが2人いるのに、このチーム打...
    ... ⇒全文  [広島東洋カープ]

  • 相性を逆転しよう - No238 at 2009年05月05日  (Tue)  23:38:53
    └ 昨年の(も?)カープは、とにかくナゴヤドームで勝てませんでした。9勝13敗2分だったのですが、ナゴヤでは2勝(ですよね?7連敗止めた試合と、齊藤初先発の試合)。しかし、ヤクルトにどうも相性の悪い今年、これ以上の苦手は作れない!中日も調子が悪いので、むしろ今年は相性をよくしたいところです。しかし相手の先発が、これまた苦手な朝倉。どうなることやら。広島、「目指す野球」で快勝=大竹力投、野手も攻守に援護広島、...
    ... ⇒全文  [広島東洋カープ]



  • 入れ替えが急に活発に - No235 at 2009年05月01日  (Fri)  23:10:06
    └ 皆様、ゴールデンウィークはどのように過ごされますか?明日からのヤクルト戦でマツダスタジアムデビューをされる県外の方も多いんでしょうね。明日から5連休のえふは、明日明後日と雁ノ巣、4日はヤフドで今年初の若鯉観戦をしてきます。(というか、マジでそれしか予定がない・・・。しかも1人観戦・・・。寂しすぎるだろ)普段見ることができない選手達を、しかも間近で見れるだけでも充分嬉しいことなのですが、明日はさらに嬉...
    ... ⇒全文  [広島東洋カープ]
連勝さえ止まらなければいい [20090531]
杜の都・仙台は、エース受難の地。2006年は防御率トップだった黒田が9失点と大炎上し、昨年は建さんが8失点

今年、この地に大竹が「エース」として挑みました。現在防御率がセリーグトップ、38イニング無失点という記録を継続中。しかも、土地の相性だけでなく、相手投手が岩隈です。昨年、パリーグのエース級を軒並みなぎ倒していったルイスが、最後の最後で倒せなかった、パリーグのラスボス。前回の読売戦で打たれていたとはいえ、2回連続の炎上も考えにくいですし、岩隈が投げると楽天打線はよく打つ印象が強いので、やはり嫌な相手です。

それが何と!岩隈を4回5失点でKOですよ!信じられません、夢みたいです。1・2回を見ていたら、これは点取るのは厳しそうだな・・・という感じでしたが、石原への1つの四球、これで流れが一気にこちらに来ましたね。今日は琢朗&梵のもつ鍋コンビ、もとい師弟コンビが素晴らしかった。琢朗ブログに書かれている、最近梵とよくつるんでいる意味、こういうことなんですよね?まだまだ打率は低いけれど、得点によく絡むようになったし、打席の中で粘りが出てきたし。

大竹も、1回に訳のわからぬ打撃妨害とかあった時には「今日こそ失点かあ・・・?」と思ったものですが、そんな逆境さえも乗り切ってしまいます。バックの好守備もあり、5点の援護も受け、今日も無失点継続かなあ、こうなったら藤川の記録抜いてほしいなあ、と余裕で見ていましたよ、中盤までは。

あの1本のホームラン、あそこから試合が無茶苦茶長かったなあ。

山崎武司に出会い頭のような1発を浴び、残念ながら無失点記録は43イニングで途切れてしまいました。ちなみにこれが、今シーズン大竹が初めて浴びた1発となりました。記録はいつか途切れるもの。まあ記録のこと色々周囲から言われて嫌だっただろうし、「意識していない」と口で言っていてもやっぱり意識しただろうし。また切り替えて、こっからまた無失点を続けていけばいいから・・・とかなんとか考えていたら、いつの間にか満塁になっていて、おまけに押し出しでもう1点。あれあれ、神竹についていた神様はお帰りになられた?大ケケが帰って来ちゃった?まあ何とか、更なる失点は食い止めましたが。

とにかく大事なのは次の登板ですね。次回の相手は交流戦最強のソフトバンクですから。今日の2失点で、5月の月間MVPが厳しくなってしまいましたが(通常なら余裕で獲れる成績なのですが、いかんせん月間5勝のゴンザレスがいるから・・・)、交流戦に入ってから3勝ですから交流戦MVPの可能性は十分あると思います。

大竹が6回で降板したというのはちょっとした誤算だったかもしれませんね。2番手で登場した横山がよろしくありません。単純に天候の問題だったと思いたいのですが・・・。3番手はシュルツ。呉の試合で腰を痛めたということで心配でしたが、登板してくれて安心。しかし、大竹の無失点記録が途切れたことばかりがクローズアップされていますが、実はシュルツの記録も途切れちゃったんですよね。ちょっと最近のシュルツ劇場は胃に悪いですね(ヤフドでのシングルヒット3本で満塁→無失点のコンボは現地で悲鳴上げました)。その代わり?永川が3人できっちり締めて、荒れ気味の展開を後味よく終わらせてくれました。これで永川まで劇場だったら、カープファンの胃が持ちません。

何はともあれ、「カープの連勝」というものさえ途切れなければよいのです。これでマーティー政権初の5連勝です!この5連勝全てに、先発に白星がついているというのも大きいです。その中には決してよくない出来の試合もありましたが、それを打線が援護して白星に変えているので、投打が噛み合っているという証ですから。昨年もヤフド2連敗の後4連勝、今年もヤフド2連敗の後5連勝。カープファンとしては連勝は勿論嬉しいのですが、福岡人としてはちと切ない・・・。

中日が敗れたため、ゲーム差なしに追いつきました(勝率のわずかな差で4位ですが)。そして交流戦の順位表でも2位!防御率もそこまでよくもないですし、打率も高くないのですが、効率よく勝ってきているということですね。そして何故か相手チームがよくミスしてくれますし(今日も岩隈の牽制悪送球とか、小坂の暴走とか、ありえないミスが多くて、結果的にそこに随分救われました)。んー、やっぱり5000万円が欲しくなってきた。来週のズムスタで鷹に連勝して勢いを止めなければ。
スポンサーサイト





ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2009-05-31(Sun) 18:22 広島東洋カープ | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
Night is over [20090528]
マエケン戻った笑顔 46日ぶり白星
広島・前田健、トンネル抜けた3勝目!
広島、打線につながり…喜田が勝ち越し打

前回の記事で、「完全に這い上がるためには、まだ1つ大事なものが足りないんです」と書きましたが、その”大事なもの”というのは、マエケンの白星を意味していました。

大竹が”神竹”状態で、何と3つ勝ち越しているのですが、その分マエケンが3つ負け越して食いつぶしていたんですよね。それではやはり、チーム全体で貯金することもできません。

それ以上に。このブログで何度か言っていますが、マエケンは「太陽」なのです。その投球で、その笑顔で、その言動で、そのブログで(笑)、カープの未来とファンの心を明るく照らす、そんな存在なのです。マエケンが勝てない時期と、打撃陣全体の不振、本当に偶然?というくらいシンクロしていました。太陽が沈んだ後のように、チーム全体が暗く重い夜を迎えていました。

今日もいきなり、1回に2失点という現実に、正直「6連敗」という文字が頭に浮かびました。しかし2回以降は立ち直ったようですね。2回からの6イニングでヒットわずか1本、球数も66球。そうそう、この修正能力こそ本来のマエケンですもんね。連敗中は立ち上がりに失点した後ズルズルと失点を重ねたり、援護をもらった直後のイニングで失点したり。あれ、それ何ていう去年までの大竹。

ヒーローインタビューで言っていましたが、風呂で塩で体を清めたそうで。実は自分も、先日の栗原ユニ洗濯→翌日から2試合連続HR、にあやかって、昨日マエケンユニ(旧デザインですけれど)を洗濯しておきました。効果てきめん。やはり綺麗なところに運はやってくるのですかね。その代わり栗原が打たなかったけれど。まっいいか。

打線の方は、1人また1人と調子を取り戻してきていて、今日はマクレーンがマルチ&喜田に久々のヒット。でも、喜田がお立ち台でしたけれど、赤松も呼んでほしかったなあ。赤松、打率と打点の2部門で交流戦トップなのですよ。目指せ交流戦MVP!?いや、大竹という強敵がいるからな。

一時期、随分と竜の背中が遠く霞んでしまいましたが、1.5ゲーム差までくると随分近くなったように感じますね。夜は明けて朝がやって来た。後は、3位と5割に向かって、突き進んでいくのみ。

---

交流戦の順位表で2位にいますよ。2年前は24試合で5勝しかできなかったのが嘘のよう。昨年で苦手意識は完全に払拭できましたかね。5000万円欲しい!でもソフトバンクが邪魔だー。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2009-05-28(Thu) 00:30 広島東洋カープ | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
記録は続くよどこまでも [20090526]
昨年の6月末から負け知らずだった西武・岸の連勝記録は止まりました。

しかし、大竹の無失点イニングは止まりません。

広島・大竹、連続無失点を38回に伸ばす!

広島・栗原、お目覚め2試合連発で大竹を援護!
広島、機動力で西武・岸に黒星付ける

ここまできたら、もう何が起こっても驚かない。今年のオフに、女優さんとできちゃった結婚とか発表したとしても驚かない。・・・いや、さすがにそれは驚くか。

前回登板と同じく、今日も1回にいきなり満塁にしました。そろそろ、か?いえいえ、崩れないんです。3点の援護をもらった直後のピンチも、バント処理のナイスフィールディングと牽制で切り抜けます。冷静です。

38イニングの中身を見ても、無四球の試合はないし、三振も多くないし、ヒットもそれなりに打たれてはいます。つまり、それだけランナーを出した後が粘れるようになったということ。圧倒的な数字でないのに、それで無失点を継続しているという事実が、今の状態が「確変」とかではなく真の「進化」であることを物語っているのではないでしょうか。

打つ方は5安打だったとはいえ、機動力&1発で効率のいい攻めだったのではないでしょうか。梵東出赤松の新俊足トリオが固定できそうな手ごたえがあるのに加え、嶋や石原に徐々に当たりが出てきたのは嬉しいです。また、嶋の3盗には驚きましたね。今日は3盗塁でしたが、そう言えば昨年岸相手に勝利した時も足で揺さぶったのが効果的だった記憶があります。クセがわかってるんですかね?

一時期のどん底ムードから、だいぶ這い上がってきた感じがありますね。抑えることも大事だけれど、やはりそれなりに得点ができなければ、ね。ただ、完全に這い上がるためには、まだ1つ大事なものが足りないんです。それが次の水曜日に手に入れられれば、また5割へと近づいて行けると思いますよ。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2009-05-26(Tue) 00:26 広島東洋カープ | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
1週間遅れの援護 [20090524]
昨日の洗濯効果が早速。

【広島】栗原が2回勝ち越し5号2ラン
永川、淡々と球団新=プロ野球

いや、今日の勝ちはでかいはずですよ。連敗を3で止めた、栗原久々のHR、小松プロ初勝利、永川球団セーブ記録とか色々あるけれど、1番でかいのが「負け試合の流れを逆転して勝ち試合にした」ということ。昨日の2試合でもそういった兆候はありましたが、しかし逆転まではいきませんでした。今日も1回表にいきなりルーキーの小松が4失点。これまでだったら絶対に、その時点で「終了」。だけど今日は1回裏に4点のお返し、そして2回に勝ち越し。一気にひっくり返してしまいました。

昨年CS争いに絡む戦いができた要因の1つが、序盤の劣勢をひっくり返す試合が多く出来たことだったと思います。そしてそのきっかけが、0-5をひっくり返した5/25のロッテ戦。昨年と同じように、この1勝が勢いに乗るきっかけとなってくれれば。心からそう願います。

小松、プロ初勝利おめでとう。前回は7回1失点と好投しながらも無援護で白星を手にすることができなかった小松。今回は1回にいきなり4点を失うという厳しい立ち上がりでありながらも、大量援護に救われました。先週援護できなかった野手陣からの、1週間遅れでのプレゼントが届きました。これが野球というものですね。だけど、2回以降どうにか立ち直って、5回まで投げたというのも、大きかったですよね。それもまあ、点数が入ったからこそなんですけれど。2回か3回から牧野が出てくるとばかり思っていました。5失点での初勝利は複雑だと思いますが、しかし5回まで投げられたこと、そして地元のファンの大声援を受けられたことを糧に、次回の登板ではまた前回みたいな好投を見せてほしいですね。

打線の方は、もう完全にどん底を脱したと見ていいですよね。お立ち台には呼ばれなかったけれど、赤松がいい。ヤフドで見ていた時もそう感じていたのですが、打線の中で1番(ひょっとしたら唯一?)得点の匂いが漂ってくる男です。今日は3番に起用され驚きましたが、しかしそれで変わることはありませんでした。しばらく赤松3番は続けていいと思いますけれど、まあマーティーのことだからどうでしょう。

最後に。永川セーブ球団新記録達成おめでとう。タイ記録に並んでから新記録までちょっと間が空いてしまいましたが、その機会に恵まれなかったから仕方ないですね。マツダスタジアムで達成できたからよかった、と思うことにしましょう。プレート付けられますし。

今日も含めて地元で4連戦。再浮上のきっかけにしましょう。そのためのいい足がかりとなったはずです。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2009-05-24(Sun) 23:22 広島東洋カープ | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
Bad Day~5/23 ソフトバンクvs広島 ヤフードーム 観戦記~ [20090523]
ヤフドから帰宅して、まず真っ先にしたこと。

栗原 レプリカ ビジター

今日着ていた栗原ユニの洗濯。

お清めです、お清め。今日ついた悪いものを全部洗い流してしまわないと。

いやあ、昨日ヒット2本打ったから復調の気配で、今日は活躍してくれると思っていたのですが、最悪でしたなあ!第2打席以降、4打席連続で得点圏にランナーがいる場面だったというのに、全部凡退ですもん。4番がそれでは、そりゃ勝てんわ。おまけに、3回表のチャンスを潰した後、裏にエラーしてそこから4失点ですからね。マジで最悪だ。

齊藤、あの3回裏だけでしたもんね。何か勿体なかった。1軍で投げる齊藤を生で見るのは、今日が初めてだったんですよ。ただ2軍では、2年前に3回くらい雁ノ巣で見たんです。あの頃は、低めに投げればワンバウンド、高めに投げれば頭の長さ、という感じで、コントロールとかいう以前の問題、プロのレベルじゃねえと言いたくなるほどの酷さ。それが、今日の1・2回とかコントロールがよくて、「ああ成長したなあ。すっかり1軍のピッチャーだなあ」と妙にしみじみしてしまいました。あの3回は昔の悪い姿が顔を覗かせるような球もありましたけれど、でも4回からまた立ち直りましたし。4失点だし負け投手ではありましたけれど、成長を実感できた気がしました。

打撃の話に戻りますけれど、確かに栗原が1番悪かったけれど、5番喜田も打てる気がしなかったなあ。何か、嶋の印象がものすごく悪いせいで、今日レフトのスタメンが喜田だったのがちょっと嬉しかったんですけれど、しかしまだ嶋の方がマシだった。嶋、今季初HR&猛打賞ということで、いい加減目を覚ましてほしいな。昨年も確か、この時期の「3本のホームラン」のロッテ戦から復調しだしたんじゃなかったでしたっけ。一方、喜田とともに今日クリーンアップに起用された末永は2安打と結果を残しました。それより何より、守備で炎上しなかったことに心からほっとしました・・・。

交流戦に入ってからの4試合で9点、3点、3点、4点。先週までの「2点打線」から、底は脱した・・・と考えていいんでしょうかね。だけど今度は先発がそれ以上に点を失ってしまう。上手くかみ合わないものです。

昨日は酒ちびちびやってしまうほどつまらなかったけれど、今日はそれなりに盛り上がりどころも多くて、「観戦した」という実感がありました。そりゃ勿論、勝つに越したことはないけれど。ヤフドでの連敗が6に伸びてしまいました。もう来年はヤフド行くのやめて、ズムスタ遠征に専念しようかなあ、とか本気で考えています。見辛いうるさい飯高いで嫌いな球場なのに、おまけに勝てない球場に行く理由などありませんから。

そして今日のお土産。

ご当地カープ坊や 博多

博多限定のカープ坊やのタオル(1200円)。Tシャツ(赤、白、ピンクの3色:2500円)もあって、昨日の帰りに見つけたんですけれど、財布にあまりお金が入っていなかったので、今日買おうと思ってお金下ろしてきたら、もうTシャツが売り切れていたorz

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2009-05-23(Sat) 21:57 観戦記(ヤフードーム) | TB(0) | コメント(2) | 編集 |
スタメン [20090523]
1243050964-20090523124411.jpg
末永(佐賀)と喜田剛(福岡)がスタメン、しかもクリーンアップということで、スタメン発表でレフトスタンドは非常に沸きました。

でもよく考えたら、この外野、赤松過労死フラグだな…。しかもこんな広い球場で。守備を捨ててとにかく打撃重視、ってことですか?

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2009-05-23(Sat) 12:56 観戦記(ヤフードーム) | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
あー、やんなっちゃった~5/22 ソフトバンクvs広島 ヤフードーム 観戦記~ [20090523]
ライトスタンドより遥かに熱く声援を送っているのに、それが結果に結びつかないって、虚しいですよね、博多めんたいカープファンの皆様。

これで昨年の交流戦から、今年のオープン戦も含めて、ここヤフードームで引き分け挟んで5連敗っすよ(涙)。昔は、市民よりドームで戦った方が相性よかったのにな。何故。

20090522.jpg


まず、ドームに着いてやんなっちゃった。試合開始直前にドームに着いたんですけどね。他はガラガラなのに、レフトスタンドだけびっしりなんですもん。座る場所が見つからない見つからない。ヤフドのレフトは、今年からビジター応援席が新設されまして。そこが満員だったのは勿論、普通のレフト自由席もカープファンが半分は占拠していました。本当に熱いですよね、我々。来年はビジターのエリアが広くなっているかもしれません。

そしてプレイボールがかかり、いきなりさくっと三者凡退でやんなっちゃった。その裏、川崎の打球の処理にもたつく嶋にやんなって、直後にオーティズに一発打たれてやんなっちゃった…。いきなり2点。和田相手に一体どうやって3点取るのかと思うと、この時点で既に暗い気持ちになってしまいました。

今日のルイスは、まるでオープン戦の時のリプレイ。あの時は「調整」という言葉が使えましたが、今日は言い訳はできません。でもどうせ、ローテ崩して中5日にしたマーティーがまた色々愚痴愚痴言われるんだろうなあ。3回に、またしてもオーティズにあわや2打席連続のどでかい当たりを許し、そして小久保に…。自分の周りから汚い野次がたくさん飛ぶようになり、やんなって立ち見に移動してしまいました。選手のプレーにイライラする方がまだ耐えられる。そういうファンの言動の方が自分は我慢できないや。

そして久々に、カープ観戦中に酒飲みました。基本的に酒弱いし、飲みながら見ると勝率が悪いというジンクスもあったんですけど。でも、この試合は飲みながらじゃないと最後まで見ていられないな…という気がして。立ち見席でちびちび酒飲みながら観戦。まるで角打ちです(そんなことしてるからモテないんですよ、えふさん)。

和田相手に7回でヒットわずか2本。褒められる要素があるとすれば、5回1失点のペローンの頑張りなくらいで、マジでブログに書くこともないなあどうしよう、って考えていたら、終盤に何とか3点取って、完封負けは免れました。でも、カープナインの意地とかいう格好いいものではなくて、単に2番手以降の投手がしょぼかっただけ。久米とか、本当に昨年の序盤だけでしたよね(摂津から同じ匂いが漂っているような気がするのですが、さてどうなるか)。

1点目は、ノーアウト満塁から内野ゴロで1点とちょっとガッカリだけど、今日はもう歌えないかも、なんて思っていた宮島さんがとりあえず歌えるし、琢朗の打点だし、で盛り上がる。2点目は、マクレーンのあわやホームランという当たりで、盛り上がる。さらに2・3塁。テンションも高くなった中、嶋が初球を引っかけてファーストゴロ、その間に3点目。今まで観戦してきた試合の中で、あんなにテキトーな宮島さんを初めて聞きました。「ああーっ・・・。あ、点入ったの?しょうがねえなあ」って感じ。「バンザーイ!」に全然感情がこもっていない。だって、その直後にコールされた「ピッチャー馬原」の方が拍手喝采で盛り上がりましたからね。嶋、読んでるか!

こんな駄文で「観戦記」と呼んでいいものなのでしょうか。あんな試合内容だったからしょうがないということでお許しを。現地にいなくて、家でテレビ見ていたら、絶対に更新しない日でしたよ。

めげずに明日も行ってきます。しかし明日も左腕の大隣。打てる気がしねえ。と思ったらさっき福岡のローカル番組で藤岡って言ってた。どっちだろう。まあいいや、どっちにしても打てる気がしねえ。

※悪いことというのは続くもので、帰りの西鉄電車にまで遅れが…。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2009-05-23(Sat) 00:17 観戦記(ヤフードーム) | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
第2の開幕戦 [20090520]
交流戦5年目にして、初の開幕戦勝利。

貧打にあえぎ、チームの状態がよくない中、「第2の開幕戦」である今日の試合を大勝し、これからの戦いを新たな気持ちで迎えることができそうなのは嬉しいです。ファンとしても、少し気持ちがリセットできたような気がします。ヤフド参戦へのモチベーションがちょっと上がりました(笑)

ただ、全てのカープファンが今思っていることは、きっと同じ。

明日以降にとっておけ。

9点もあったら、3点ずつ3試合に小分けしても3連勝できますよ。きっと今頃、齊藤とマエケンとルイスと小松が恨めしそうな目で大竹の方を見つめているはず(ただ最近のマエケンは4点取られるからな)。

途中までは、ホームラン2発の2安打のみで4-0で勝つのかと思って、それもどうなんだって感じでしたけれど、最終回に末永栗原マクレーンに安打が出ました。帳尻?競った場面で打てって?まあまあ、今はそんなこと言わんときましょ。明日も打ってくれるって信じときましょ。

それよりも何よりも、大竹に一体何があったというのでしょうか。今日も7回無失点ですよ!いきなり1回に先頭打者に安打&四球2つ(しかも両方ともストレートの四球)で満塁。どう考えても2点は失うパターンなのに、無失点。4回に携帯で途中経過を見た時に、確か球数が既に70球を超えていて、「今日は6回が精一杯か?」なんて思ったのに、結局7回105球ということは、中盤に完全に立ち直ったということ(Yahoo!のスコア見たら、四球2つ出した1回がたった15球なのに、2・3回の方が投げているんだよな)。

これで何と、31イニング連続無失点。球団新記録です。あの大竹がそんな大記録を作ったのか・・・と思うと、感慨深いものがあります。黒田が防御率1点台で最優秀防御率のタイトルを獲った時と近い感情です。ちなみに前の記録を保持していたのは、1991年の佐々岡。あら、これって沢村賞フラグ?(言いすぎ)。でも5月に入って無失点ですから、月間MVPという可能性は十分にありますね。問題は次の登板で打線が月間3勝目をつけてくれるかどうかですが(いくらこの防御率でも、月間2勝ではさすがに受賞はない)。

マエケン篠田齊藤大竹ルイス梅津が2勝で並び、2勝の壁から誰も抜け出せずにいましたが、これでやっと3勝の投手が出ました。この流れで、他の投手にも勝ちがつきますように。勿論、今日のいい流れで打撃陣が調子に乗ってくれることが第一ですけれどね。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2009-05-20(Wed) 00:38 広島東洋カープ | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
ないものねだり [20090516]
最近しみじみと思うんですけれど・・・。

森笠ってカープに残っていた方が出番あったよな。

Yahoo!で成績見たら、出場試合数13で打席13。ということは全部代打での出場。カープにいたら、何試合かはスタメンで出れたはず。だって今日なんて、東出をライトで先発させないといけないくらいの惨状だし。

まあ長期の離脱者は予想していなかったことですし、貧打も想像以上(シーズン前からある程度覚悟はしていましたが)でしたので、「残っていた方が」というのは思いっきり結果論なのですが。こういう巡り合わせの悪さもまた、森笠らしいって気もしますけれど。

---

さて、来週から交流戦が始まるわけですが。

チーム全体で打てないのに、一体誰をDHで使えばいい?

マジで、DH解除した方がマシかもしれない。

いつだったか、ホークスの試合を見ていた時に、打率.000の打者がDHでスタメン出場していて、「えええwww」と笑った記憶があるのですが、すいません、今は全然笑えません。

交流戦の期間だけ、タイロン・ウッズを1000万円くらいで雇ってほしいくらいです。無理だよね、マクレーンに2000万円使っちゃったもんね。

あとは、もう、前田を無理やりにでも、首根っこ掴んで引きずってでも出すか。いやもう純粋に、あなたの姿が見たいのです。あなたに会いたいのです。早く戻ってきてください、どうかお願いします。

現実的な選択肢は、打撃センスはあるが守備のセンスは全くない末永あたりかなあ。

---

そして交流戦の初戦は、現在9連敗中のオリックス。チーム防御率が5.11と投手陣が崩壊しています。オリックスの暗黒投手陣vsカープの暗黒打撃陣、一体どちらの暗黒が上回る?

(オリックスの防御率調べるために順位表開いてみたら、ついにカープのチーム打率が横浜を下回って12球団ワーストに。でもチーム防御率は2.98で再び12球団トップになってしまったこの皮肉)

で、2カード目はソフトバンク。そう、ヤフドで観戦できるのですが・・・。正直、1週間を切ったのに全然テンションが上がりませんorz

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2009-05-16(Sat) 22:12 広島東洋カープ | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
防御率だけは素晴らしい [20090514]
見て下さいよ、この数字。

セリーグ順位表(2009年5月13日現在)

パリーグのチームは全て、横浜より防御率悪いですから(それも凄い話だ)、カープが12球団ナンバーワンということになります。この時期に2点台なんて凄いですね。さぞかし強いんでしょうね、このチーム。

・・・通常、順位とチーム防御率との相関係数は高いと思うのですが、チーム打率があまりに悪すぎるとその関係性も崩れるということです。

リーグで8人しかいない3割バッターが2人いるのに、このチーム打率とは、他が酷すぎるという証です。

前田先生の復帰マダー?(号泣)

今日も携帯で途中経過を見て、5回くらいの時点で昨日と同じ試合展開を予想して勝手に絶望して、経過を追いかけるのもやめてしまいましたが(ファン失格)、まさか?勝つとは。3割バッター2人でもぎ取った決勝点でしたね。

決して褒められた試合内容ではないけれど、でも栗原のガッツポーズと最後の廣瀬のファインプレーには胸が熱くなりました。廣瀬、阪神戦では輝くなあ。

たった2連敗しかしていなかったのですが、貧打のせいで何だか昨年の7連敗の時と似たような気持ちになっていました。そろそろ、投手がぴしっと抑えて打線も爆発して、という噛み合った試合が見たいものです。そして、気がつけば前回の勝利から1月以上経ってしまったマエケンに、どうか3勝目を!

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2009-05-14(Thu) 00:31 広島東洋カープ | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
相性を逆転しよう [20090505]
昨年の(も?)カープは、とにかくナゴヤドームで勝てませんでした。9勝13敗2分だったのですが、ナゴヤでは2勝(ですよね?7連敗止めた試合と、齊藤初先発の試合)。しかし、ヤクルトにどうも相性の悪い今年、これ以上の苦手は作れない!中日も調子が悪いので、むしろ今年は相性をよくしたいところです。しかし相手の先発が、これまた苦手な朝倉。どうなることやら。

広島、「目指す野球」で快勝=大竹力投、野手も攻守に援護
広島、一瞬のすき突く好走塁で貴重な追加点

チームとしては相性よくなくても、大竹は中日に相性がいいですもんね。前回の読売戦の完封で得た自信も重なって、落ち着きと余裕を持って投げていたように見えました。チームの連敗を2で止め、前のカードで先発が長く投げられなかったためかかってしまった中継ぎの負担を軽くする。エースの投球ですね。

ただ、初回いきなり荒木の打球が足に直撃して、ベンチに下がった時には、血の気が引きました。大竹だから長いイニングを投げてくれることを期待していたのに、ここで降板となってしまったら・・・。テーピングをして続投したそうで、実際守備の時に、足を少しひきずっているような動作が見られて、「ああやっぱり痛いんだなあ」と思いました。そんな中よくぞ7回無失点で抑えてくれました!

これで防御率が何と1.125。読売の東野が今日打たれたこともあり、堂々のセリーグ防御率トップです!皆様、記念に保存しましたか?

おまけに自分のバットで貴重な追加点を叩き出しました。しかしその前の琢朗の走塁が素晴らしかった。マーティーも絶賛している通り。ああいうプレーを、前カードのヤクルトにやられて、非常に悔しい思いをしました。相手は違えど、同じようなプレーで勝利を手にすることができたのは、嬉しいですね。

今年は借金1で迎えた試合で3勝1敗です。その1敗は4連敗中のもの。1度借金生活に足を踏み入れてから、そこで抜け出せないのではなく、5割前後でどうにか粘っているのは成長の証でしょうか。決してチーム状態も万全というわけではありませんからね。

そして中日戦では3試合連続で完封勝ち!マツダスタジアムの開幕戦とは一体何だったのか・・・。今年は中日相手に優位に戦えるチャンスですよ。明日の先発・齊藤も昨年中日相手に2勝していますから、期待です。あ、何かマエケンが1番心配になってきた。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2009-05-05(Tue) 23:38 広島東洋カープ | TB(1) | コメント(0) | 編集 |
「先発上野」というショック療法~5/4 ソフトバンクvs広島 ヤフードーム 観戦記~ [20090504]
携帯RCCの「山崎タイムス」の昨日の記事、最後にさらりと書かれていた衝撃の1文。

明日は上野が先発する。

上野ですよ。セットアッパーとして期待して、ドラフトで強行指名までした上野ですよ。そんな上野に「先発」という役割が。何だか笑えてきますよ、この文。

2軍に落ちてからの上野は、自信を無くしてしまったのか、出れば炎上という事態のようで、防御率が何と38.57。そんな投手を先発させるなんて、という感じですが、逆に、そういう投手だからこそ、気分転換というか、ショック療法というか、そんなところで先発させてみたのかもしれません。また、由宇カープは7連敗という泥沼中でしたので、チーム全体の悪い流れを変えるために、思い切ったことをしてみたのかも。先発できる投手が全くいなかったという訳でもなかったと思うんですよね。佐藤とか帯同していたし。

さて、ショック療法の効果やいかに?

0504_1.jpg

連敗脱出しました!

今日は寝坊して遅刻してしまいまして(慌てて出てきたので、メモも忘れてしまったので、今日の試合内容はうろ覚えで書きます)。10分くらい遅れてスタンドに駆け込んだら、村松のカウントが2-3で、入った途端に四球。んでボークを取られて2塁に進塁を許し、アギーラにタイムリーを打たれます。あーあ、やっぱり防御率38.57だ・・・と思いましたが、その後は抑えて、3回1失点という結果でした。無失点だった2、3回も3者凡退ではありませんでしたし、上野の表情はまだ浮かないように見えた・・・って、元々そういう顔立ちなのかな(苦笑)でも試合後にはかなりニコニコとした笑顔が見れました。早く自信を取り戻して、開幕3戦目のような投球をまた1軍で見せてほしいですね。

2番手の岸本も、昨日はホームランを打たれたそうですが、今日は3回無失点と上々。相変わらずコントロールはありませんが、146kmをコンスタントに計測するストレートはやはり魅力的ですね。安打は1つ許しましたが、中東が盗塁を刺しました。それまで、2塁への送球が2度センターに抜けたので、送球に不安を抱いていましたが、3度目の正直?で刺してくれました。

3番手は育成枠の松田。細い、めちゃめちゃ細い!背番号の123という数字が背中からはみ出しそうです。公式プロフィールだと身長180cmとのことですが、細さのせいかちびっこに見えます。先頭打者にはヒット性の当たりもレフト鞘師のナイスキャッチ。その次、そしてさらに次の打者にも大飛球を許しますが、ここは広いヤフードーム。外野フライで3者凡退です。4番手のドーマンは3者連続三振と圧巻。9回は相澤が締めて、1失点のリレーでした。

お次は打撃陣について。やはり気になるのは岩本。昨日はホームラン2本放ったそうで。この広いヤフドでも打ったら本物。残念ながらホームランは出ず、第1打席での1安打のみに終わりました。しかし岩本がランナーにいる場面で、鞘師がレフトポール直撃の2ランを打ちました。

しかし今日、打撃で1番すごい!と思ったのは、実は小窪なんです。右打者なのに、ヤフドのライトのフェンス際まで2回飛ばしましたからね!(1本は3ベース、もう1本は余裕の犠牲フライ)。一昨日の守備見てもそうでしたが、もう小窪は完全に1軍の選手です、間違いなく。ここにいるのは勿体ない。

昨日は守備もボロボロだったようですが、今日はノーエラーでした。内野はとりあえず無難。外野では、鈴木と鞘師がヒット性の当たりをナイスキャッチ。今日はむしろ、若鷹の内野陣に細かいミスがあって、それが失点につながっていましたね。フィルダースチョイスとか、ゲッツーが取れなかったり。

さて、ヤフドで若鯉の連敗脱出に胸を撫で下ろしていたその頃、マツダスタジアムでは1軍がヤクルトに連敗してしまいました。長谷川が2軍落ちだそうで。しかし代わりに上げられるような中継ぎっていましたっけ???携帯HAには「大島あたり」と書いてありましたが、さてどうなるやら。

後でちょっとした写真を追加します。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2009-05-04(Mon) 23:41 観戦記(ヤフードーム) | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
2軍でも「5点差」は鬼門なのか!?~5/2 ソフトバンクvs広島 雁ノ巣球場 観戦記~ [20090503]
前田智、右足に張りで2軍戦出場延期

はい、残念ながら前田を間近で見ることはできませんでした。今日の雁ノ巣は、3塁側の方が多いような気もしましたが、前田を期待して来た方もきっと多かったと思うんですよね。前田ユニ着用の方も数名いらっしゃいましたし。仕方ないです。交流戦のヤフドで見れたらいいな。

前田を見ることはできませんでしたが、初めて生で見た岩本にときめきました。第1打席、いきなり3ラン。美しいライナー性の当たりでした。マツダスタジアムはホームランが非常に出にくいですが、ライナー性の打球の方が入るようです(今日のマクレーンみたいな圧倒的なパワーがあれば別ですが)。そういえばマツダスタジアムのフェンスは岩本仕様でしたよね。あんな当たりがあのスタジアムで突き刺さる日を想像して、にんまりしてしまいました。第4打席でセンター前ヒット、第5打席で詰まりながらもレフト前ヒット、と打ち分けて猛打賞。

岩本と松山、フォームも体型も同じような感じかと思っていましたが、実際に連続して見てみると、松山の方がかなりぼってりして見えました。身長の違いのせいでしょうか。1度でいいから見てみたい、3番松山4番岩本5番嶋の左打ちぼってりクリーンアップ。

そんな岩本の3ランと、佳紀の2ランで1回表にいきなり5点を先制しました。相手の先発投手は、昨年のドラフト1位・巽。時折素晴らしい球でストライクは取れるのですが、基本的にはっきりとわかるボール球の多いノーコン。三振は取れるが四球も多く、球数が多くなりがちですぐに100球に到達する、という近年のホークスの先発にありがちなパターンを彼も持っています。6回で114球ですもん。

ただ、幸先よく5点取ったものの、そのまま”スミ5”で終わってしまったのは残念でした。チャンスはあったんですけれどね。2回のランナー1・2塁のチャンスでは岩本打てなかったし、7回は松山がゲッツーを打ち、8回は満塁で小窪がファウルフライ。

でも、スミ5でも逃げ切れたと思うんですけれどね・・・。珍しく?采配批判させてもらいますけれど、8回のマウンドに宮崎が上がった時、疑問を抱きました。7回まで2失点。すごくよくもないけれど、とりあえず悪くはない内容で、だけど球数は108球。そして宮崎は先頭のアギーラにボール先行で四球を出し、次の小斉に2球目をライトスタンドに持っていかれました。せめて、四球の時点で限界を察知して交代してほしかった。というか、宮崎に何球になっても完投させるつもりだったのでしょうか?

本日の若鯉は、何とノーエラーでした。これまで見た試合の中で、ノーエラーってあったっけ?というくらい、毎度毎度エラーかましてますから。1イニング2エラーとかも普通でしたし。小窪とか、1年前よりやっぱ相当上手くなったなあ、と実感しました。あと外野では、途中出場の鞘師が強肩を発揮してホームで刺しました。

ただ、ただ末永だけは・・・。エラーはしていませんが、レフトフライに一旦下がって慌てて前進してスレスレでキャッチ、と相変わらず。東出曰く「守備は絶対にうまくなる」とのことですが、末永はいつになったら上達しますか?

それと、自分が雁ノ巣に行くたびに気になっていた、「若鷹はよく声が出ているのに、何で若鯉は声出さんとや」問題についてですが、今日は全体的に比較的よく出ていましたね。松山が、宮崎がストライク取る度に「宮さんナイスボール!」と言っていたのがよく響いていました。途中出場の申も声大きかったですよ。

最近体調があまりよろしくない自分にとって、雁ノ巣の暑さ&座れないのは堪えました。出待ちもせずにすぐに帰ってしまいましたし(まあ、負けた後って何かあまりする気にならないんですよね)、明日も行くのをやめとこうかなと思っています。4日はヤフドなので予定通り行くつもりですが。

人が多くて写真もほとんど撮れなかったので、今回はなしで。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2009-05-03(Sun) 00:48 観戦記(その他球場) | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
入れ替えが急に活発に [20090501]
皆様、ゴールデンウィークはどのように過ごされますか?

明日からのヤクルト戦でマツダスタジアムデビューをされる県外の方も多いんでしょうね。

明日から5連休のえふは、明日明後日と雁ノ巣、4日はヤフドで今年初の若鯉観戦をしてきます。

(というか、マジでそれしか予定がない・・・。しかも1人観戦・・・。寂しすぎるだろ)

普段見ることができない選手達を、しかも間近で見れるだけでも充分嬉しいことなのですが、明日はさらに嬉しいことになるかもしれません。

だって。

前田智 2日に実戦復帰!即昇格も

前田がクル━━━━(゚∀゚)━━━━ !?

「マツダスタジアムには間に合わない」というニュース以降、音沙汰がなかった前田。貧打にあえぐチーム状態に、その復帰を多くのファンが待ちわびていたことでしょう。ここへ来ての確定的な情報に、ほっとするとともに胸が躍ります。

2年前に雁ノ巣と久留米で緒方見た時もそうでしたが、こういう至近距離で大選手を見れるというのは、滅茶苦茶お得感がありますから。しかも雁ノ巣はタダだし。4日のチケットはまだ購入していないのですが、コカコーラシート3塁側(3000円)買っちゃおうかな~と本気で悩んでいます。

鷹の方も、多村が復帰するかもという情報があります。もし実現したら、プチ豪華な2軍戦になりますね。どんたくの季節だから!?

---

いらっしゃーい。

マクレーン選手 入団記者会見!

元西武・マクレーンが広島入団会見

カープ打線の救世主になって下さい。お願いします。

しかし会見の中で気になる一文が。

このチームは出塁率が高いと聞いているので、わたしの前に走者が出て、打点につながればいい

・・・誰ですか、こんな嘘を吹き込んだのは。「騙された」つって契約無効だって訴えられたらどうするんですか。ま、シュールのことだから性格的にもいい選手しか連れてこないでしょうが。

---

マクレーンは間違いなく即1軍登録される。となると外国人枠の関係で誰か1人落とさなければならない。それがコズになることは、昨日の内容から大体想像はつきました。

んで今日の公示。

セ・リーグ公示(1日)=プロ野球

やっぱりコズだった・・・って、篠田ああああああああああ!?

何でも、マー君と同じように、肩の張りで1軍に帯同しながら様子をみるとのこと。軽症だったので少しはほっとしましたが、しかし4月は好投していただけに、そのいい流れが途切れてしまわないかと心配です。やはり初めて1年開幕からローテで投げることとなって、長いイニングも投げましたから、疲労が出たのでしょうね。

(しかしこのタイミングで、ファンクラブからのメールで篠田からのメッセージが届くのがちと悲しい。明後日投げるはずだったのに)

ルイスが戻ってきて、よっしゃ6人で中6日で回せる!と思った途端に1人脱落。世の中うまくいきませんね。ただルイス復帰して、他の先発を中5日にしたとしても、どうしても7日に谷間ができます。2008年前半型のルイスなら中4日で埋められるのですが、さすがにそれは無理でしょう。ペローンを先発させるのが、まあ妥当な選択肢でしょう。

投手が2人抹消になったので、現在の1軍投手は11人。さすがにこのままであるわけではなく、誰か昇格することになるのですが・・・。さて誰が上がるのかと2軍の成績を眺めてみましたが、これといった投手がいないなあ。というか、今年になってからちゃんと2軍の結果とか見ていなくて、今日初めて由宇カープが最下位であることを知りましたorz今井が防御率2.97で0勝3敗とか(カープ的エースの素質はあるということか)。関係ありませんが、ウエスタンリーグの投手成績見ていたら、中日の先発がまるで1軍。

防御率でみれば、0.90の牧野が妥当なのか?モリチョーも防御率は悪くないけれど、被安打と暴投の多さが気になるな。あるいは、セーブ数と経験で青木勇人?だけど中継ぎ5人のうち3人が右のサイドハンドっていうのはどうかっちゅう話になりますよね。小松は5月4日にならないと再登録できないし。大島も29日に先発したばかり。うーむ、こうやって見ると、やっぱりうちの戦力って薄いなあ、と現実を突きつけられた気分になります。選手層厚くなった気分でいましたが。こんな時、上野が2軍で「重症!」(by立翔)なのがつくづく痛い!何なんだ、防御率38.57って!

---

また、小窪も降格となりました。天谷ブログのネタが減ってしまう(でも最近の天谷はマエケンマエケンだからな)。この代わりは高明であることは決まっています(携帯HA情報より。マクレーン合流の写真にも映っているし)。得点力が低い今、少ないチャンスを活かすために、足の重要性はますます高まる。そんな意図がよく伝わる上げ下げです。小窪も、火曜のタイムリーみたいな持ち味の右打ちをもっと多く見せられたらよかったのですが・・・。

ちなみに、高明1軍合流のHAの記事の中で、「(松本と石井琢)同じ右投げ左打ち、三拍子揃った内野手」と書いてあって、「三拍子とは、打撃と走塁と・・・あと1つは顔?」とボケたくなりました。

---

マーティーはあまり1軍と2軍の入れ替えをしない方ですが、ここへ来て急に活発になりましたね。数日後には前田昇格で代わりに誰かが落ちます。10日経てば篠田も戻って来ますが、そこで落ちるのが投手であるとも限りません。前田の代わりに落ちるのはあの選手・・・?と浮かぶ名前が正直あります。お尻に火がついて活躍してくれたら、それはそれで嬉しいことですが。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2009-05-01(Fri) 23:10 広島東洋カープ | TB(0) | コメント(0) | 編集 |


copyright © 2005 えふ all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
ブログ内検索
タグ検索
カープニュース
セリーグ順位表
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
リンク
このブログをリンクに追加する
あわせて読みたい
あわせて読みたい
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード