FC2ブログ
blog top Category Archive All title Search RSS Admin
プロフィール

えふ

Author:えふ


○生まれも育ちもまるまる九州。だけどカープファン歴12年。

○福岡県民でありながら、大の鷹アンチですので悪しからず。

○カープの選手は全員好きですが、特に今は大竹、横山、マエケンを応援しています。ストレートに力のある右の本格派が好きです。緒方と前田は別格。

○当blogのモットーは「喜べる時には喜んでおけ」。基本的に選手を見守るblogでありたいと思っております。

○基本、面倒臭がりな性格である上に、出張等多い仕事のため、更新頻度にムラのあるblogです。

○宣伝目的および誹謗中傷を含むと管理人が判断したコメント・TBは削除させていただきます。特に選手・スタッフ・球団の蔑称が入ったものは荒らしとみなし、特に悪質なものはNG設定させていただく場合がございます。ご了承下さい。

○試合のない日やネタがない時は、飯ネタ(主に辛い物)が入ることがございます。

○リンクは基本的に自由ですが、リンクの際には一言コメントいただけると管理人として嬉しく思います。

※JUGEM時代の旧blogはこちら

ブログパーツ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

M o n t h A r c h i v e
前の月(08月)2009年09月のアーカイブ次の月(10月)

  • この勢いを大切に - No277 at 2009年09月22日  (Tue)  01:05:13
    └ フィリ様ーーーーー!!!!!フィリップス劇的打!広島、阪神に0・5差実は肝心の場面を、家にいながら見ていなかったんですけれどね(どうも自分が見ているとダメなようだったので、7回以降掃除していました)。でヒーローインタビュー見てから録画したのを再生したわけですが。フィリップスが「今年一番の声援をもらった」と言っていたのも納得。先頭打者の「タクロー!タクロー!」の声援だけでも、テレビを通じてでも鳥肌モ...
    ... ⇒全文  [広島東洋カープ]

  • 泣けた。 - No276 at 2009年09月11日  (Fri)  00:17:12
    └ ね、昨日書いた通りでしょう。>明日のヤクルトはどうも谷間っぽいのですが、案外こういう時に落としたりするのがカープクオリティ。プロ2度目の先発の投手に、球数を投げさせてスタミナ切れをさせることはおろか、7回86球という超省エネ投球をされる始末。高木にしてみれば、チームを救いたいという気持ちも当然あり、そして個人的にまたとないチャンスという気持ちもあったでしょうから、気合いが入っていたことでしょう。(どう...
    ... ⇒全文  [広島東洋カープ]

  • 投打ががっちりと - No275 at 2009年09月10日  (Thu)  00:47:38
    └ ルイスさんマジかっこいいっす!広島・ルイス完封で勢い加速!3位に2.5差今季初完封ですか。何かちょっと意外な気もしましたが、完投自体が今季2度目なんですね。前回は6回2失点ながら味方の無援護で残念ながら敗戦投手に。そのお返しをしてもらった、ということでしょうか。まあ今日のルイスなら9点も必要ないくらいだったのでしょうが(ルイス大好き高木豊がべた褒めでしたなあ)。その大量援護の口火を切ったのは、ルイス自...
    ... ⇒全文  [広島東洋カープ]

  • 13.0→5.0 - No274 at 2009年09月04日  (Fri)  00:56:54
    └ コレ、超逆フラグ。達っちゃんもびっくり。チェン・川井・吉見、み~んなコイ料理得意(火曜日の中日スポーツ朝刊より)鯉をおいしく料理しようとしたら、まな板の上の鯉がピチピチ跳ねて、水槽に戻ってしまいました、ってか。「およげ!たいやき君」みたいですな。中日ファンの方だったら、絶対3タテ期待していたでしょうね。相性いいし。それで読売とのゲーム差詰めるぞ!って。一方のカープファン、どれだけポジな人でも、3タテ...
    ... ⇒全文  [広島東洋カープ]
この勢いを大切に [20090922]
フィリ様ーーーーー!!!!!

フィリップス劇的打!広島、阪神に0・5差


実は肝心の場面を、家にいながら見ていなかったんですけれどね(どうも自分が見ているとダメなようだったので、7回以降掃除していました)。でヒーローインタビュー見てから録画したのを再生したわけですが。フィリップスが「今年一番の声援をもらった」と言っていたのも納得。先頭打者の「タクロー!タクロー!」の声援だけでも、テレビを通じてでも鳥肌モノでした。あれは選手を勇気づけたでしょう。そしてあの声援の力がボールの行方をも変えてしまったのかも、と言っても過言ではない。

しかし先頭打者として10球粘って四球をもぎ取った琢朗の働きは素晴らしいですね。ここへ来て、勝ち方を知る男がいてくれることの有難さをひしひしと感じます。琢朗もシーズン終盤での上位争いは久々ということで、その状況を、責任を感じながらも楽しんでいるようですし。もう、サードスタメンとかでずっと試合に出ていてほしいのですが・・・。投手の支えにもなりますから。

カープ側から見ると、これ以上ない劇的な結末でしたが、ヤクルト側から見ると、どこまで勝利の女神は我々に冷たく当たるのか、と言いたくなる展開。1イニングに落球2つだなんて。相川の落球なんて、ゲームセットかと思われた瞬間の落球で、で目の前には喜ぶ砂被り席のカープファン。いや、罪な作りの球場だわ。相手に同情できるような立場ではありませんが、しかし、ね。

先発は中4日で大竹。苦しい投球ではありましたが、要所でゲッツーを取るなどして5回まではエースらしさを感じることができました。表情にも気合と自信が見えましたし、5回に見逃し三振を取った際のガッツポーズも燃えました。しかし6回に・・・。でもビハインドでも勝ちパターンの中継ぎを投入して、その3人がきっちり自分の仕事をしたことがサヨナラを呼び込みました。横竜、安定感戻ってきましたよね。先日の苦手・阪神戦でもきちんと抑えていましたし。

今日は劇的な勝利でした。ただ、この勢いを明日につなげなければなりません。先日の神宮3タテの後も3連敗しました。甲子園で2つ勝利して、3位が見えたと思ったら大敗しました。同じ過ちを繰り返してはいけません。勢いと、たくさんの地元のファンの声援を支えに、「絶対に3連勝する!」という強い気持ちで臨んでもらわなければなりません。明日先発の齊藤が、2試合続けてあまりよろしくないのは気がかりですが。あと相手先発の高木も、前回は打てていませんからね。

約1年前と同じように、齊藤で「単独3位がキター!」な展開になってくれますように。

今日は横浜様サマでもあります。さすが阪神キラー三浦。その調子で3連勝お願いします。あと読売も3連勝して優勝決めちゃってください。目の前で胴上げ見ずに済むんで。
スポンサーサイト





ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2009-09-22(Tue) 01:05 広島東洋カープ | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
泣けた。 [20090911]
ね、昨日書いた通りでしょう。

>明日のヤクルトはどうも谷間っぽいのですが、案外こういう時に落としたりするのがカープクオリティ。

プロ2度目の先発の投手に、球数を投げさせてスタミナ切れをさせることはおろか、7回86球という超省エネ投球をされる始末。高木にしてみれば、チームを救いたいという気持ちも当然あり、そして個人的にまたとないチャンスという気持ちもあったでしょうから、気合いが入っていたことでしょう。

(どうでもいいことですが、高木が若いことにびっくりしました。名前は知っていましたが、勝手にベテランだと思っていました。高木=ロッテの高木=ベテラン、という図式でしょう)

大竹も5回まで得点圏までランナーを進められながらも、粘って先制点を許しませんでした。しかし中々点が入らない状況に、嫌な流れやなあと思っていたら、案の定6回に先制ソロを打たれ、それだけで止められたらよかったのですがさらにもう1点。

でも、正直思っていました。高木打てないけれど、交代したら後ろの投手打てるかも・・・。

こっちの予感も当たるのです。きっと、ベンチもファンも、同じ予感を共有していたのではないでしょうか。ある意味、相手のベンチとファンも、ね。

広島・末永が九回に起死回生の3ラン!

鳥肌モノでした。叶ってほしいと思っていた願いが本当に叶った驚き。本当に叶えてくれた選手達への感謝。そして素晴らしい逆転劇を生み出した影の主役・レフトスタンドへのファンへの感謝。赤きスタンドへ向かって、ヒーローが守備へと向かうあの画は、今年1番のナイスショットかもしれません。

レフトスタンドの狂乱の輪が本当に羨ましかったです。約1年前、延長で栗原の決勝タイムリーで勝った時、最高のファンだなと感じましたが、今日はそれ以上だったかも。あの球場の雰囲気があったからこそ、このドラマも生まれたと思います。末永3ランの時に映された歓喜のレフトスタンドの中で、白髪の男性がアップにされていましたよね。昨年、モンテディオ山形がJ1に昇格した時に話題になったこの写真を思い出してしまいました。

チームが勝利した瞬間、自分は勝利投手になれなかったにもかかわらず、大竹が満面の笑みだったことが、見ていたこちらも本当に嬉しくさせてくれました。そして引き上げる時に力強く掲げた拳。やっぱり君は、ルイスとともにカープの誇れるエースです。

ついにヤクルトと1.5ゲーム差。阪神には並びました。しかし阪神とは勝利敗戦引分の数が全く同じなので、最終的に全く並んでしまうと、昨年の成績で阪神が上になります。だから実質的にはまだ1ゲーム離されていると考えなければなりません。

明日からは読売戦。阿部が打ちまくっていて怖いです。おまけにこちらは裏ローテ。齊藤はともかく、今井は前回ボコられています。そして日曜は誰?相性のよさで小松というのもアリなのですが、中4日でマエケンの可能性も十分にあります。だって来週の火曜は中5日でルイスだから、マエケンを中7日というのもないのではないかと。中4日というのは不安もありますが、しかしここまできたらもう、最後のひと踏ん張りで総力戦でいくしかありませんから。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2009-09-11(Fri) 00:17 広島東洋カープ | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
投打ががっちりと [20090910]
ルイスさんマジかっこいいっす!

広島・ルイス完封で勢い加速!3位に2.5差

今季初完封ですか。何かちょっと意外な気もしましたが、完投自体が今季2度目なんですね。前回は6回2失点ながら味方の無援護で残念ながら敗戦投手に。そのお返しをしてもらった、ということでしょうか。まあ今日のルイスなら9点も必要ないくらいだったのでしょうが(ルイス大好き高木豊がべた褒めでしたなあ)。

その大量援護の口火を切ったのは、ルイス自身のバット。来日4本目のアーチです。前3本はパワフルな一撃でしたが、今日のは低目をすくい上げたうまい1本。しかし2点は先制したものの、4回まで8安打しながらも2得点という拙攻に、日曜のような試合展開が頭をよぎりました。それだけに、5回の追加点は本当に大きかった!廣瀬の当たりは、あれがタイムリーになるというのが今の両チームの状態の違いだよねえ、という象徴。そしてとどめは天谷3ラン!天谷らしい低く早い弾道のライナー性の打球。一時期当たりが止まって心配していましたが、昨日から当たり出してきましたね!

9月に入ってから何と7勝2敗です。これはまず、ひとえに、先発が大崩れしていないことに尽きます。今井は6回途中までしか持ちませんでしたが、しかし試合を壊してはいませんし。負けた2試合も失点は2と4です。この時期に信頼できる先発が4人もいるというのは大きいですね。先発も後ろも足りなくて悪循環に陥っているヤクルトと比べると、しみじみとそう思います(昨日の試合、五十嵐とイムが普通にいたら勝てていたでしょうか?)

そして打つ方で変わったのは、ヒーローが1人ではなくなったこと。8月って、勝った試合はほとんど、ヒーローがフィリップスだったでしょう。ところが最近のフィリップスは1日1安打ペースで、打点もほとんど挙げていません。でもチームは好調。それだけ他の選手もまんべんなく活躍しているということ。東出、小窪、廣瀬、倉、石原・・・。

あとは何よりも、4番がいいところで打っているのです。少し前に「栗原が打つと勝てない・・・」と嘆いていましたが、今は栗原が打ってちゃんと勝つ。エース級が抑えて、4番が打って。そりゃ勝ちますよ。好調の理由なんてシンプルです。

貧打に泣き続け、それが解消されてきたかと思ったら投手陣が勝てず、という悪い流れを経て、今が一番、投打が噛み合ったいい状態なのではないでしょうか。と書いていたら、すぽるとで三宅さんが同じこと力説していました(笑)

先週のチェン川井吉見相手に3タテも驚きましたが、館山石川相手に連勝というのも正直びっくり。明日のヤクルトはどうも谷間っぽいのですが、案外こういう時に落としたりするのがカープクオリティ。こっちは大竹ですし、しっかり勝ちましょう。

最後に。東出1000本安打達成おめでとう!選手達が次々とブログでお祝いの記事を書いていますが、琢朗との2ショットが素敵です。右にいる人と同じだけの本数を積み重ねられるような息の長い選手になってもらいたいですね。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2009-09-10(Thu) 00:47 広島東洋カープ | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
13.0→5.0 [20090904]
コレ、超逆フラグ。達っちゃんもびっくり。

チェン・川井・吉見、み~んなコイ料理得意

(火曜日の中日スポーツ朝刊より)

鯉をおいしく料理しようとしたら、まな板の上の鯉がピチピチ跳ねて、水槽に戻ってしまいました、ってか。「およげ!たいやき君」みたいですな。

中日ファンの方だったら、絶対3タテ期待していたでしょうね。相性いいし。それで読売とのゲーム差詰めるぞ!って。一方のカープファン、どれだけポジな人でも、3タテは予想していたでしょうか?ちなみに自分のこの3連戦の前の気持ち。「阪神とヤクルトが当たるから、離されたらいかんけど、うーんでも勝ち越し・・・難しいよねえ・・・」。

それが一昨日、昨日と「これまでの対戦時の貧打は何だったんだ」と言いたくなるくらい、普通に打っちゃって連勝しちゃって。「これ、もしかして3タテいける?」という淡い期待を抱くも、「そんな期待をあっさり打ち砕くのがこのチームだ」という冷静で現実的な意見が期待を打ち消す。だって、今年まだ1度も3タテしていないわけですし。

それがそれが。今日、残業しながらテキスト実況見ていたんですけれど、リロードした瞬間「6」という数字が出てきた瞬間に思わず「えええええ!?」という声を上げてしまって、同僚から驚かれてしまいました。だって吉見から6点ですよ!横浜の吉見からでも6点なんて無理なのに、中日の吉見からなんて益々無理でしょう。エラーが関わっているとはいえ、ねえ。まさか満塁で倉が走者一掃打つなんて。

大竹も大量援護に守られて、完封は逃しましたが完投で8勝目。昨日のマエケン7イニングに続き、今この時期に長く投げてくれるのはありがたいです。多分日曜日が谷間になると思うんですけれど、これで小松でいけるかな。

現在大竹ルイス齊藤が8勝、マエケン7勝。この4人が揃って10勝に届いてくれれば、今のチームの目標も達成できる・・・かも?

---

1か月前。カープと3位ヤクルトとの差は13.0もありました。その少し後に10.0になった時に達っちゃんが「10ゲームを切るとヤクルトも焦ってくる」と言っていて、「いや、まだ遠いし・・・」と思っていたものですが、いやはや何が起こるかわかりませんね。1か月後、5.0まで縮まっているなんて。別にカープが猛チャージをかけたわけではないのに。その時14もあった貯金を、ヤクルトが使い果たしてしまうなんてね。

今回の3タテは、両チームのモチベーションの差の表れだったのでしょうか。一応それまでも口では「諦めない」とは言ってはきたけれど、実際にその影が見えるようになってきて、本当に「諦めない」チームになってきたカープ。一方の中日は、読売に地元で3タテ食らった時点で、もう無理して追いかけないムードになっているような。中日ってシーズンの流れをみて、ギアを切り替えるのがうまいでしょう。

世間的には「阪神猛チャージ!逆転でCSあるで!」みたいな報道のされ方をしていますけれど、その後ろにぴたーっとついて、最後にすっと抜いたら爽快だろうな、と最近ずっと思っています。阪神は絶対に今がピークだと思うし。でもそれを言うと、ヤクルトは8月がどん底すぎたから、9月に息を吹き返すってことも十分あり得るわけで。雨天中止に伴う10月の連戦が、ヤクルトにとってどちらに転ぶかですね。それまでに今ボロボロの投手陣が復活したら・・・。

とりあえず明日からのズムスタ阪神3連戦は、ヤクルトへの挑戦権を賭けた大一番!そんな戦いをホームで迎えるんだから、絶対に勝ち越せ!大丈夫、チェン川井吉見を打てた君達なのだから。

しかし、ゲーム差が詰まってきたから俄然テンションが復活してきましたが、冷静に考えると、まだ借金9もあるんですよね(汗)

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2009-09-04(Fri) 00:56 広島東洋カープ | TB(0) | コメント(0) | 編集 |


copyright © 2005 えふ all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
ブログ内検索
タグ検索
カープニュース
セリーグ順位表
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
リンク
このブログをリンクに追加する
あわせて読みたい
あわせて読みたい
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード