blog top Category Archive All title Search RSS Admin
プロフィール

えふ

Author:えふ


○生まれも育ちもまるまる九州。だけどカープファン歴12年。

○福岡県民でありながら、大の鷹アンチですので悪しからず。

○カープの選手は全員好きですが、特に今は大竹、横山、マエケンを応援しています。ストレートに力のある右の本格派が好きです。緒方と前田は別格。

○当blogのモットーは「喜べる時には喜んでおけ」。基本的に選手を見守るblogでありたいと思っております。

○基本、面倒臭がりな性格である上に、出張等多い仕事のため、更新頻度にムラのあるblogです。

○宣伝目的および誹謗中傷を含むと管理人が判断したコメント・TBは削除させていただきます。特に選手・スタッフ・球団の蔑称が入ったものは荒らしとみなし、特に悪質なものはNG設定させていただく場合がございます。ご了承下さい。

○試合のない日やネタがない時は、飯ネタ(主に辛い物)が入ることがございます。

○リンクは基本的に自由ですが、リンクの際には一言コメントいただけると管理人として嬉しく思います。

※JUGEM時代の旧blogはこちら

ブログパーツ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト [------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
ポジティブ思考、実を結ぶ? [20090406]
そう言えば、まだ今年セリーグ相手に負けなしなんですよね。

広島・ブラウン監督「チーム一丸の“勝利”」
【広島】篠田1失点、先発4番手名乗り

東野vs篠田。この対戦が1番の投手戦になるとは、ね。しかし、ドームランにげんなりすることもなく、1点を争う緊迫した展開で、3連戦の中で最も面白い試合だったのではないでしょうか。

いやあ、とにかく篠田がよかった!カープファンは皆さん心配していたと思うんですよね。オープン戦で内容があまりよくありませんでしたし。先週の登板も、ソフトバンク相手だから3点で済んだ、という感じでしたので、読売相手だとKOされるのではないかと・・・。

しかしそんな心配をよそに、今日はストライク先行の気持ちのいい投球でした。ひるんだ感じもなく、常に攻めていました。確かに四球から1点を許したわけですが、その四球も決して逃げたものではありませんでしたから。自らのバント失敗や、シーボルのエラーなどもありましたが、決して自分のペースを乱すこともなく。そして7回を投げ切ったというのも確か初めてでしたよね。プロに入ってからのベストピッチだったのではないでしょうか。

ただ、そんな好投篠田に黒星がついてしまうところでした・・・。東野、嫌な天敵になってしまいました。本当に、今日はクルーンに救われました。何なんでしょう、あのすっぽ抜けまくり。

篠田の黒星を消したのは、梵のバット。2試合ヒットなしで今日はスタメンを外されましたが、素晴らしいところで今期初ヒットが出ました。これで乗っていってもらいたいですね。

また、横竜と永川を出さずに、サヨナラを許さず守り切ったことも大きいです。オープン戦で不安を感じさせたドーマン、昨日タイムリーを打たれた梅津。厳しい場面を乗り切った上野もよかった(まあ正直、11回裏に出てきた時には覚悟しましたけれど)。3連投となったシュルツも3者連続三振。林には不安が残りましたが、次の登板で結果を残してくれると信じましょう。

しかし、よく頑張った選手達は褒めたいけれど、あの場面で腕を回した高だけは殴りてえ。

今日は試合内容もよかったですけれど、中継もすごくよかったですよね。解説の桑田や水野がカープのことにも多く触れてくれて。桑田の目線は冷静かつ、温かみがあって好感が持てました。やはり民放の野球中継は日テレに限ります。他所の局だったら、きっと4月開始の新番組の宣伝ばっかりになっていたことでしょう。

---

ダントツ優勝候補の読売相手に2勝1分。一言で言えば、「気持ち」が生んだ勝ち越しなのだと思います。2試合は逆転勝ち、今日は引き分けだったけれど土壇場で追いついたもの。確かに相手の投手陣の乱調に救われたのもありますが、ベンチの中に「絶対に逆転できる!」という強い信念が一致していたのだと思います。でないと、あんなにカメラに選手達の感情が映し出されませんよ。

読売はあんな戦力ですから強いことは認めざるを得ない。また昨年は開幕から5連敗でも大逆転優勝しました。ですから王者としての余裕というものが、やはりどこかにあるのではないでしょうか。一方のカープは常に全力で相手にぶつかり、目の前の勝利を1つ1つ拾っていく必要があります。

ただそれを、いわゆる「明日なき戦い」で行ったわけではなく、1人1人が持てる力を発揮できたこと、それを発揮できるようなムードがチーム内にあったこと、それを発揮できるような采配をしたことが重要です。例えば今日の試合で永川と横山が3連投となっての引き分けだったら、素直に引き分けを喜べず、不安の感情が残ったかもしれません。連投にならなかったことの安心感、そしてその2人がいなくても抑えてくれたことへの頼もしさ。

同点タイムリーを打った梵を迎えるチームメイト。引き分けにもかかわらず試合終了時は勝利の後のようなムード。勝ちを逃したのに喜びすぎ、と言われるかもしれません。当然反省すべき点はあってそれはきちんと反省してもらわなければなりません。勝ち越せるチャンスはあったのに、それをモノにできませんでした。ただ、この試合で得られたものもたくさんありましたし、3連戦で築き上げた最高のムード、これを壊さずテンションを保つことだって大事なのです。

マーティーが監督に就任した当初、さかんに「ポジティブ、ポジティブ」と言っていて、本を読ませたりだとか色々やっていました。しかしチームに長年染み付いたものを変えることは容易ではありませんでした。4年目の今、やっとそれが実を結んだのかなという気がしています。ただまだ3試合ですからね。このムードを1年間続けていくというのも結構大変だと思いますよ。

---

過去、開幕2カード目というのが必ずと言っていいほど負け越しているように思います。今のいいムードを壊さないよう、次のカードでの戦い方というのが重要になります。

そこで大竹です。周りは明るいのに、1人だけ仏頂面でベンチにいるようなことになったらどうしようかと、心配で心配でなりません(お前は大竹の親か)。逆に考えると、もし大竹が今のチームの調子に乗って勝利し、なおかつ笑顔を見せてくれるような展開になれば、このチームは本当に乗って行けるような気がしています。だから次の阪神戦1戦目は、無茶苦茶大事な試合ですよ。1年を左右するといっても過言ではないかもしれません。

阪神といえば、新外国人・メンチがその名の通りフライばっかり打ちあげている模様で。3試合安打なし。でもそういうのに来日初ホームランとか許しちゃうのがカープなんだよなあ。
スポンサーサイト


ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。
2009-04-06(Mon) 01:27 広島東洋カープ | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

管理者にだけ表示を許可する
⇒ http://fukuokakoi.blog33.fc2.com/tb.php/218-f6a1e8d2


copyright © 2005 えふ all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
ブログ内検索
タグ検索
カープニュース
セリーグ順位表
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
リンク
このブログをリンクに追加する
あわせて読みたい
あわせて読みたい
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。